2014年05月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Windows Server 2003/2008のサポート切れで再注目“2003/2008信奉者”も心変わりする「Windows Server 2012」のメリット

「Windows Server 2003/2008」のサポート終了が近づく中、「Windows Server 2012 」への移行を真剣に検討する動きが現れてきた。Windows Server 2012への移行で何が変わるのか。その影響を見ていこう。

[Bruce Mackenzie-Low,TechTarget]
tt_tt_Windows01.jpg

 「Windows Server 2012」の登場は、データセンターの進化における画期的な出来事となった。米Microsoftはその後、後継版の「Windows Server 2012 R2」を速やかにリリースした。より速いペースでのリリースに加え、評判の高い機能が数多く搭載されていることから、Windows Server 2012は採用に弾みが付いている。

 ここで見落とすわけにいかないのは、Microsoftが「Windows Server 2008」のメインストリームサポート終了日を2015年初頭と定めていることだ。「Windows Server 2003」の延長サポートも2015年7月に終了する。

 今はWindows Server 2012への移行を真剣に検討すべきタイミングなのだろうか。まずは、Windows Server 2012への移行がもたらす影響を確認することが肝要だ。

「仮想化推進企業」が喜ぶ機能が充実

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...