2013年11月12日 08時00分 公開
特集/連載

「スタートボタン」以上に重要な「Windows Server 2012 R2」の復活機能失望から一転、喜びの声が上がる

2013年10月に正式リリースされたサーバOS最新版「Windows Server 2012 R2」。多くのユーザーの関心が同日リリースの「Windows 8.1」のスタートメニューボタンの復活に集まる中、ある機能の再登板がひそかに話題を呼んでいる。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 デスクトップ分野のITプロフェッショナルたちは、Windows 8に関してはあまり興奮しなかったが、Windows Server 2012 R2のアップデートでRemote Desktop Services(RDS)に加えられた変更には大きな関心を寄せている。

 Windows 8.1に対する筆者の期待は、ユーザーが不満に思っている部分を修正するだけの閉鎖的なバージョンにすぎない、と聞いたときから急速に冷めた。なにしろ、われわれにアピールする最大の変更が、スタート画面ではなくデスクトップを直接ブートできる機能だというのだから、もはや注目に値するものではなくなった。中身は、相変わらずWindowsなのである。もちろん、なんらかのユースケースがあるというのであれば、どんどん使えばよい。しかし、そうでなければ、Windows 7 SP1のサポートが終了する2020年まで待ってもよい。

 新しいバージョンにはなにがしかの価値はあるだろうが、Windows 8.1でなければならないものは何もない。Windows Server 2012 R2は2013年10月18日(日本では10月17日)に、InTune、TechNet、あるいはMSDNを通して一般提供が開始された。Windows Server 2012 R2では、RDSが機能強化されており、ここでチェックしておく価値が十分にある。

オンラインデータ複製

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...