2013年11月12日 08時00分 公開
特集/連載

「スタートボタン」以上に重要な「Windows Server 2012 R2」の復活機能失望から一転、喜びの声が上がる

2013年10月に正式リリースされたサーバOS最新版「Windows Server 2012 R2」。多くのユーザーの関心が同日リリースの「Windows 8.1」のスタートメニューボタンの復活に集まる中、ある機能の再登板がひそかに話題を呼んでいる。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 デスクトップ分野のITプロフェッショナルたちは、Windows 8に関してはあまり興奮しなかったが、Windows Server 2012 R2のアップデートでRemote Desktop Services(RDS)に加えられた変更には大きな関心を寄せている。

 Windows 8.1に対する筆者の期待は、ユーザーが不満に思っている部分を修正するだけの閉鎖的なバージョンにすぎない、と聞いたときから急速に冷めた。なにしろ、われわれにアピールする最大の変更が、スタート画面ではなくデスクトップを直接ブートできる機能だというのだから、もはや注目に値するものではなくなった。中身は、相変わらずWindowsなのである。もちろん、なんらかのユースケースがあるというのであれば、どんどん使えばよい。しかし、そうでなければ、Windows 7 SP1のサポートが終了する2020年まで待ってもよい。

 新しいバージョンにはなにがしかの価値はあるだろうが、Windows 8.1でなければならないものは何もない。Windows Server 2012 R2は2013年10月18日(日本では10月17日)に、InTune、TechNet、あるいはMSDNを通して一般提供が開始された。Windows Server 2012 R2では、RDSが機能強化されており、ここでチェックしておく価値が十分にある。

オンラインデータ複製

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には、「プロダクト主導型」という組織としての共通点がある。それ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...