2012年11月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsユーザーグループの会長に聞くIT管理者が知っておくべきWindows Server 2012の4機能

Windows Server 2012には多数の新機能が搭載されている。中でも運用管理面でポイントとなる4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長 デニス・マーティン氏に話を聞いた。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

運用管理を支援する4つの新機能

 米MicrosoftWindows Server 2012には、IT担当者の業務を支援するための新機能が複数搭載されている。中でも運用管理の効率化に役立つ4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長で、サーバ、ネットワーク、ストレージなどのテストサービスを行っている米Demartekの社長でもあるデニス・マーティン氏に話を聞いた。

1.サーバメッセージブロック3.0プロトコル(SMB 3.0)

マーティン氏 SMBはアプリケーションがネットワーク上のサーバプログラムに対し、ファイルの読み込みや書き込みを実行したり、サービスを要求したりする際に使用されるプロトコルで、SMB 3.0はその最新版となる。Demartekのラボでは、SQL ServerでSMB 3.0によるファイル共有が利用できることや、SMB 3.0使用時に、イーサネット接続上でiSCSIを使用する場合と同等のパフォーマンスが得られることを確認している。

 Windows Server 2012では、このSMB 3.0の採用によってSMB関連機能のパフォーマンスが向上している。例えばリモートダイレクトメモリアクセスをサポートする「SMBダイレクト」、OSレベルでNICチーミング機能を提供する「SMBマルチチャネル」機能などだ。現在、SMB 3.0はWindows 8とWindows Server 2012に搭載されているが、今後は米EMC、米NetAppなどのファイルストレージソリューションでも利用可能となる見込みだ。

2.シングルルートI/O仮想化(SR-IOV)

マーティン氏 Hyper-Vの新機能、SR-IOVはギガビットイーサネットネットワークインタフェースカード(以下、NIC)の仮想化機能を、ハイパーバイザーの代わりにNICで管理できるようにする機能だ。ハイパーバイザーがバイパスされるため、仮想マシンのイーサネットパフォーマンスが向上する。ハイパーバイザーにおいて仮想化機能の管理に使われていたCPUサイクルが、仮想マシンとそのワークロードで利用できるようになる点もポイントだ。DemartekのラボでもSR-IOVのテストを行い、高トラフィックの仮想マシンの大幅なパフォーマンス向上を確認した。一方、SR-IOVのデメリットとしては、ハイパーバイザーがバイパスされることから、パフォーマンス測定がハイパーバイザーレベルで行えないことが挙げられる。

3.PowerShellスクリプト環境

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...

news113.jpg

IMJ、Tealiumの導入・活用支援サービスを開始
アイ・エム・ジェイは、グマネジメントのTealiumと国内販売代理店契約を締結し、Tealium...