2012年06月20日 09時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2012のファイルシステムReFSの長所/短所NTFSはもう古い?

Windows Server 2012に搭載される新ファイルシステム「ReFS」。ファイルの整合性の確保など、多くの点でNTFSより優れるReFSだが、幾つか制約事項もある。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 WindowsのファイルシステムであるNTFSは、ほとんどの状況で申し分なく機能する。しかし、年中無休で稼働する今日のデータセンターでは、最大限の可用性が要求されており、このファイルシステムも古さを感じさせ始めている(実際、NTFSが最初に開発されたのは1990年代にさかのぼる)。ファイルシステムの新たな要件に対応することを目指し、MicrosoftWindows Server 2012で、全く新しいReFS(Resilient File System:復元性のあるファイルシステム)を導入している。

 ReFSは、NTFSとの下位互換性を保つように設計されているが、さまざまな新機能を備えている。これらのうち最も重要な機能は、データの整合性の確保を目的としている。

メタデータのチェックサム

 ReFSでは、チェックサムはデータページとは別個に保存される。このため、あらゆる種類のディスク破損を検出できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...