2014年12月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Dockerの仕組みを解説【Q&A】注目のコンテナ化は仮想マシンとどう違う?

コンテナと仮想マシンは、いずれもワークロードをハードウェアから抽象化することを可能にする。だが、その2つのアプローチには考慮すべき重要な違いがある。分かりやすく説明しよう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

仮想マシン(VM) | Docker


コンテナ化とは? 既存の仮想マシンとの違いは?

tt_aa_kaigai.jpg

 仮想マシン(VM)は完全なサーバを再現する。通常の仮想サーバでは、各VMの“ゲスト”には完全なOSの他、ドライバ、バイナリまたはライブラリ、そして実際のアプリケーションが含まれる。各VMはハイパーバイザーで動作し、ハイパーバイザーはホストOSで、ホストOSは物理サーバで動作する。これは実証済みのアプローチだが、ゲストOSとサポートバイナリがVM間で重複することがあるのはすぐ分かる。重複すると貴重なサーバメモリが浪費され、そのために各サーバがサポート可能なVMの台数が制限されてしまう。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...