2014年08月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

注目集める最重要キーワード“中の人”が語る「Docker」、爆発的人気の理由は?

コンテナベースの仮想化ソフト「Docker」の人気が高まっている。Googleなど多くのIT企業が支持を表明。人気の理由や今後の開発方針をDockerコミュニティーのシニアディレクターが説明した。

[Nick Martin,TechTarget]

関連キーワード

Docker | 仮想マシン(VM) | Google | Linux


ik_tt_docker01.jpg

 米Dockerはオープンソース市場に参入したばかりだが、2013年の誕生以来爆発的な成長を遂げている。同社のコンテナベースの仮想化アプローチは「Linux Containerテクノロジー」をベースに構築されており、プラットフォーム間のアプリケーションポータビリティを高めることができる。また、Dockerコンテナは軽量だ。仮想マシン(以下、VM)と違って基盤となるOSを実行する必要がない。

 本稿では、Dockerのコミュニティーでシニアディレクターを務めるジュリエン・バルビエ氏のインタビューを紹介する。急成長を遂げるDockerと同社の計画に多くの人々が関心を寄せている理由を聞いた。

――Linux Containerは新しいテクノロジーではないが、Dockerを使用する主なメリットは何か

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。