2015年03月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

DaaSを受け入れる企業、傍観する企業Gmailを使っているなら実は現実的、気になる仮想デスクトップへの“本格移行日”

デスクトップの正式なプラットフォームとしてDaaSを受け入れるペースは、企業によって異なる。圧倒的多数の企業はこの状況を傍観しつつも、気にしている。

[Gabe Knuth,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 企業がクラウドでホストするリソースやインフラが増えるにつれて、クラウドサービスプロバイダーへの依存度は高まっている。この状況によって、DaaS(Desktop as a Service)は近いうちに多くの企業にとって現実的な選択肢となるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。

news047.jpg

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手
CyberBullは、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手。2019年内の実用化を目...