2014年01月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

既存DaaSとの違いを分析「Amazon WorkSpaces」が再発明するかもしれないDaaSの可能性

Amazon Web Servicesが新しく打ち出したDaaS「Amazon WorkSpaces」は、従来のDaaSプロバイダーにとって脅威になるのだろうか。既存DaaSにあってAmazon WorkSpacesにないもの、またその逆を探る。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Amazon Web Services(以下、Amazon)が「Amazon WorkSpaces」でDaaS(Desktop as a Service)市場に参入した。だが、AmazonはIaaS(Infrastructure as a Service)市場で優位を占めているものの、この新サービスが競合DaaSを打ち負かす保証はない。

 AmazonはVDI(Virtual Desktop Infrastructure)のワークロードに慣れていないため、DaaSはAmazonに新たなビジネス機会だけでなく、新たな課題ももたらすと、米Gartner Researchの仮想化・調査担当副社長、マーク・マージビシャス氏は指摘する。Amazon WorkSpacesは、多額の投資を行わずにVDIを試したい企業や、契約業者向けにデスクトップを迅速に用意したい企業にアピールしそうだ。しかし、既存のDaaSプロバイダーは、競争力の維持に役立つ付加価値提供型の管理サービスも手掛けている。

既存DaaSにあってAmazon WorkSpacesにないもの

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...