「Amazon WorkSpaces」が実現する“夢のデスクトップサービス”AWSが本気のクラウド型デスクトップ発表

Amazon WorkSpaceは、自身のデスクトップ環境をさまざまなデバイスから利用でき、ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャ、そして長期的な契約が不要という夢のようなデスクトップサービスだ。

2013年11月28日 08時00分 公開
[Anne Stuart,TechTarget]

 米Amazon.comの上席副社長で米Amazon Web Services(AWS) 統括責任者のアンディ・ジャシー氏は、「『Amazon Web Services(AWS)』が夢の仮想デスクトップをついに実現した」と強調する。

 ジャシー氏は、米ラスベガスで開催された「AWS re: Invent 2013カンファレンス」の基調講演で「仮想デスクトップが誕生して久しいが、予想されていたほどの人気は出なかった」と述べた。この3日間にわたって行われたカンファレンスには、インド、香港、オーストラリアなどの遠方からの参加者も含め、9000人を超えるビジネスパーソンとIT担当者が参加した。

 ジャシー氏は、カンファレンスで発表したクラウドVDI(Virtual Desktop Infrastructure)サービス「Amazon WorkSpaces」の登場により、この状況が変化するという見方を示している。現在、Amazon WorkSpacesは機能限定版のプレビューにサインアップ可能。AWSによるこの取り組みは、より規模の大きいエンタープライズIT市場で注目を集めることを目的としているというのが大方の予想だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...