VDI vs. DaaS――管理者を悩ませる2つの仮想デスクトップ、選択の基準とは自社に最適な仮想デスクトップを知る

VDIとDaaSの間には共通点も相違点も多いため、どちらを選ぶかを決めるのは難しい。管理性、カスタマイズ性、価格、接続性など、選択に当たって確認すべきポイントを解説する。

2012年12月19日 08時00分 公開
[Alyssa Wood,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)には多数の選択肢が存在する。さまざまなVDIソフトウェアやリモートディスプレープロトコル、ライセンス方式などの違いがよく分からないという人もいるだろう。ここでは、VDI管理者を悩ませている問題について解説する。

 仮想デスクトップを導入した企業の多くは、自社のデータセンターでホスティングを行っている。しかしクラウドサービスの信頼性が高まってきたことで、クラウド上でデスクトップをホスティングするという選択も可能になった。このアプローチは仮想デスクトップをクラウドサービスプロバイダーにアウトソースするというもので、“Desktops as a Service(DaaS)”と呼ばれる。

 DaaSとVDIは大きく異なると思っている人もいるかもしれないが、両者のメリットには共通部分が多い。すなわち、デスクトップ管理が簡素化されること、ハードウェアの数を減らせること、柔軟性とモバイル性が向上することなどである。しかし、セキュリティやライセンス、データのコントロールなど、DaaSにも克服すべき課題が残されている。

 VDIとDaaSの間には共通点も相違点も多いため、どちらを選ぶかを決めるのは難しい。選択に当たって確認すべきポイントを以下に挙げる。

DaaSのチェックポイント

DaaSではインフラがITの手から離れる

 VDIとDaaSの最大の違いの1つは、DaaSでは背後で動作している技術を一切気にする必要がないということだ。リソースのプロビジョニング、ロードバランシング、ネットワーク関連の問題などは、全てプロバイダーに任せておけばいいのだ。しかし社内の仮想デスクトップ、アプリケーションおよびクライアントはIT部門で管理する必要があり、リモートデスクトッププロトコルにも注意を払わなければならない。

Webベースのアプリケーションへの依存度

 経営サイドから見ればクラウドサービスは魅力的だ。VDIに比べ、初期のインフラコストが少なくて済むからだ。また、既にWebベースのアプリケーションに依存している企業の場合もDaaSが適している。しかしIT管理者にとっては、一元的管理、データセンターのセキュリティ、そして優れたパフォーマンスというVDIのメリットの方が魅力的だろう。

DaaSの利点はコスト削減と簡素化

 エンドポイントやバックエンドのインフラ管理が煩わしいという企業、特にVDIに詳しいスタッフが社内にいない企業の場合はDaaSの方が賢明な選択だろう。DaaSでは、PCに掛かるコストを削減できる。また、ファイアウォールの背後で動作していないため、DaaSの方が高速な場合もある。とはいえ、リモートコネクションを通じてデスクトップが配信されるため、ある程度の遅延も覚悟しなければならない。

DaaSとVDI――あなたの会社に適しているのはどちら?

 DaaSは社内のデータセンターのサーバに接続されていないため、障害発生時に移動やパッチの適用、アップグレード、リストアが容易に行える。加えて、クラウド環境はVDIよりも柔軟であり、プロバイダーはさまざまな端末のユーザーに素早くデスクトップを配備できる。また、DaaSは専用回線を通じて社内環境に接続されるため、ネットワークをめぐる心配からも解放されることも多い。

DaaSに対するVDIのアドバンテージとは

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...