クラウドデスクトップ「Amazon WorkSpaces」は本当に安い? 他社と比較するコストと機能を解説

Amazonは、同社のDaaS「Amazon WorkSpaces」の総所有コストについて、オンプレミス型VDIの半額と主張している。では、他のDaaSとのコスト比較では、どの程度の優位性があるのか?

2013年12月12日 08時00分 公開

 米Amazon.comは2013年11月中旬、米VMwareや米Citrix Systemsの技術とは異なるアプローチに基づくクラウド型仮想デスクトップ(DaaS:Desktop as a Service)サービス「Amazon WorkSpaces」を発表した。

 Amazon WorkSpacesは、Amazonのクラウドサービス群「Amazon Web Services」(以下、AWS)に追加された新サービス。IT部門がデスクトップイメージを中央から管理、提供することを可能にし、オンプレミス型のVDI(仮想デスクトップインフラ)で必要になるハードウェア、ソフトウェア、インフラのコストは掛からない。

クラウド ナビ


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...