2014年10月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftが「10」にこだわった理由とは「Windows 10」は“誰からも好かれるOS”に、操作性調査で高まる期待

タッチインタフェースに振り切ったWindows 8/8.1とは打って変わり、マウス&キーボードによるデスクトップの操作性が向上したWindows 10。スタートボタンとModern UIの融合も注目される。

[Michael Wall,TechTarget]
tt_aa_6169start.jpg Windows 10のスタート画面

 米Microsoftが「Windows 10」の開発を進めている。

 「10」という数字は間違いではない。Windowsの次期バージョンは「Windows 9」ではなくWindows 10になる。なぜ数字を1つ飛び越すという変則的なネーミングになるのだろうか。伝えられるところによると、この製品にはWindows 10という名前の方が合っているとMicrosoftは考えているようだ。このネーミングは、評価が分かれる従来版から距離を置くためのPR戦略にすぎないかもしれないが、Microsoftが新プラットフォームをどう位置付けているかを示すものでもある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。