2015年04月08日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Software-Defined Storageのリアルを語ろうこんなSDSはイヤだ、導入で気を付けるべき4つの落とし穴

SDSを導入したいが、実装に時間がかかるし、知識も必要になる。そんなときに気をつけなければいけない4つのポイントについて説明する。

[George Crump,TechTarget]
tn_tt_sds.jpg

 SDS(Software-Defined Storage)の概念に基づくアーキテクチャを実装することで、ストレージの柔軟性を高め、コストを削減できる。しかし、いいことずくめではない。実装に時間がかかったりシステムパフォーマンスに影響を与えることも事実だ。企業はこうしたSDSのデメリットにも目を向け、この技術が自社に合うかどうかを判断しなければいけない。

SDSの最初の実装には時間がかかる

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活...

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...