2015年04月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【前編】サポート終了の「SQL Server」、移行先の本命は“あの製品”

「Microsoft SQL Server」の各製品がサポート終了を迎える中、その移行先に最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択するケースがある。SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。

[Basit Farooq,TechTarget]
tn_sql2012_05_s.jpg SQL Server 2012の分析画面《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Microsoft SQL Server 2000」は、メインストリームサポートおよび延長サポートが既に終了している。「Microsoft SQL Server 2005/2008/2008 R2」についても、メインストリームサポートが終了し、延長サポートも順次終了の予定となっている。Microsoftは、延長サポートの契約やサポート終了後の継続利用を選ぶのではなく、現行版のSQL Serverへとアップグレードすることを推奨している。現行版にアップグレードすれば、サポートライフサイクルポリシーに基づいて、今後も同社からサポートを受けることができる。現在のアップグレードオプションは「Microsoft SQL Server 2012」と「Microsoft SQL Server 2014」である。

 最新版のSQL Server 2014では、複数の新機能が導入されている。だが、多くの企業では、まずはSQL Server 2012にアップグレードすることを選択している。SQL Server 2012は広く使われており、SQL Server 2005以降にリリースされた中で安定性の高いバージョンの1つとなっている。本稿では、SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする7つの機能を紹介する。

1.包含データベース

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

売れるネット広告社、テレビCMや新聞広告でもA/Bテストを可能とするサービスを無料で提供
売れるネット広告社は、テレビCMや新聞広告の広告クリエイティブにおいてネット広告同様...

news049.jpg

「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査
ソーシャルメディアは、生活者の消費行動にどの程度影響力を持っているのでしょうか。

news017.jpg

「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では...