2013年04月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パフォーマンスは落ちるのか悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」

サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。

[Basit Farooq,TechTarget]

 仮想化はコンピューティングの主要なトレンドであり、企業にコストやパフォーマンスの面で多大なメリットをもたらす。例えば、サーバの集約、消費電力の削減、仮想開発・テスト環境の容易な構築などだ。このトレンドを受けて多くの企業が、Microsoft SQL Serverの仮想化に興味を持っている。

 それにはもっともな理由がある。こうした仮想化環境のメリットのおかげで、事業継続性が向上するだけでなく、データベース管理者(DBA)やIT担当者がアジャイル(俊敏)なITインフラを構築できるからだ。これらのことは、ほぼ全てのIT部門が仮想化を何らかの形で利用している理由でもある。だが、まだ多くのDBAが、SQL Serverインフラを仮想化すべきかどうか迷っており、そうすることでどのようなメリットが得られるのかについて、明確な認識を持っていない。

SQL Serverを仮想化するメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も中止されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。

news054.jpg

イーライフ、タイで日本企業の口コミマーケティング支援サービスを提供開始
イーライフは、タイで日本企業のデジタルマーケティングを支援する口コミプラットフォー...