2013年04月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パフォーマンスは落ちるのか悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」

サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。

[Basit Farooq,TechTarget]

 仮想化はコンピューティングの主要なトレンドであり、企業にコストやパフォーマンスの面で多大なメリットをもたらす。例えば、サーバの集約、消費電力の削減、仮想開発・テスト環境の容易な構築などだ。このトレンドを受けて多くの企業が、Microsoft SQL Serverの仮想化に興味を持っている。

 それにはもっともな理由がある。こうした仮想化環境のメリットのおかげで、事業継続性が向上するだけでなく、データベース管理者(DBA)やIT担当者がアジャイル(俊敏)なITインフラを構築できるからだ。これらのことは、ほぼ全てのIT部門が仮想化を何らかの形で利用している理由でもある。だが、まだ多くのDBAが、SQL Serverインフラを仮想化すべきかどうか迷っており、そうすることでどのようなメリットが得られるのかについて、明確な認識を持っていない。

SQL Serverを仮想化するメリット

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...