2015年07月31日 15時00分 UPDATE
特集/連載

健康情報が流出してしまったら……モバイルヘルスケアアプリを使うべきでない理由

モバイルヘルスケアアプリは、その便利さと使いやすさから流行の兆しを見せている。だが、その一方で健康などに関する機密情報をセキュリティリスクにさらす可能性もある。

[Scott Wallask,TechTarget]
jo_tt_150129_md9.jpg ヘルスケアアプリの一例 (TechTargetジャパン記事「イベントで見た、ヘルスケアアプリへの高まる期待と開発の心得」から)《クリックで拡大》

 モバイルヘルスケアアプリに関する筆者の印象を説明するために、まずは銀行のバンキングサービスについて考えてみよう。

 筆者はスマートフォンでバンキングシステムを利用したことがない。昼休みに銀行へ行って振り込みをしたり、自宅でノートPCを立ち上げて別の口座に預金を移動したり、そうした手続きはとても煩雑で時間を要するものだ。「モバイルアプリを使えばよかったのに」と誰もが考えるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。