2015年10月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

検知免れる寄生虫不正アクセスを防ぐはずのセキュリティ製品、実は攻撃者を支援していた?

攻撃者がマルウェアを使わずに盗んだ認証情報を利用し、検知されずにデータを抜き取っている実態が明らかになった。どのように対策すればよいのかを紹介する。

[Michael Heller,TechTarget]
tn_tt_ctu001.jpg 国内企業における、アプリケーション/通信機能別に見たマルウェアの攻撃経路(出典:Palo Alto Networks「アプリケーションの使用および脅威分析レポート」2014年5月版)《クリックで拡大》

 マルウェアやソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性は幾度となく大きな注目を集めている。だが最新の報告書によると、攻撃者は、盗んだりハッキングしたりしたクレデンシャル(認証情報)を使い、アクセス管理製品の設定ミスを突いて、重要なデータを発見し抜き取っている。

 米Dell SecureWorksのセキュリティ研究分析部門「Counter Threat Unit」(CTU)の報告によれば、マルウェアを使わずに「寄生する」やり方で優位に立とうとする攻撃者の手口が増加傾向にある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

news116.jpg

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

news068.jpg

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...