2015年01月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザーは不便だと言うけれどパスワードだけでは危険過ぎる、「2要素認証」利用のススメ

ID/パスワードに加えて、ICカードやUSB端末などでユーザーを認証してアカウントを制御する「2要素認証」方式。個人情報や会社の機密情報の漏えいを防ぐため、その採用が急速に増えている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
jo_tt_150126_security.jpg

 IT担当者は、ユーザー認証の強化によって個人情報の漏えいを制限できる。その手法として、ログイン時に「2要素認証」(Two Factor Authentication:2FA)というセキュリティを実装する方法が注目を集めている。

 ユーザーに2つ目の認証要素を要求することでネットワークアクセスポイントを増強する企業の数は増えている。2FAは迅速に実現できるため、ほとんどの企業にとって一手間掛ける価値のある手法だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...