2015年10月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

694人のIT担当者に調査ほぼ決着が付いたSSD vs. HDD 比較で分かったオールフラッシュの明白な優位

フラッシュストレージ市場は、コストダウンやSSDの密度と容量の上昇によって、企業向けデータセンターで急上昇の兆しを見せている。

[Mike Matchett,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg Taneja Groupの実施した調査概要(参照:Storage Acceleration and Performance Technologies Survey)《クリックで拡大》

 米Taneja Groupは2015年7月、694人の企業IT担当者に対してある調査を行った。その内容は、ストレージの高速化とパフォーマンスニーズや、それらのイメージや計画についてだ。対象となったIT担当者の半分は管理系、残りはアーキテクチャ/制御系を担当していた。同社が実施したフラッシュストレージ市場の分析の最大の目的が、フラッシュストレージの役割と将来を究明することであるのは言うまでもない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...