2015年11月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

初めてのOffice 365インストールしたOffice 365 ProPlusをトラブルなく更新する方法とは?

「Office 365 ProPlus」を導入したものの、アップデートに不安がある企業も多いのではないだろうか。アップデート管理の考慮点を紹介する。

[阿部直樹,三井物産セキュアディレクション]

Office 365 ProPlusの更新管理

Office展開ツール Office展開ツール(TechTargetジャパン記事:いよいよOffice 365 ProPlusを社内に、カスタマイズしてインストールする方法とはより)《クリックで拡大》

 日本マイクロソフトのオフィススイート「Office 365 ProPlus」は、管理者用のOffice 365 ProPlus導入支援ツール「Office展開ツール」を使用して展開することで、従来の「パッケージ版Microsoft Office」と同様の管理方法や配布方法での展開が可能になります。例えば、インストールするソフトウェアをカスタマイズしたり、OSイメージとして展開したりすることができます。

 Office 365 ProPlusでは、さまざま手段を使用して常に最新の状態を維持することを目標としています。そのため、Office 365 ProPlusに含まれる各Microsoft Officeアプリケーションは、1年以上も古い状態では使用できないように設計されています。今回は、企業でOffice 365 ProPlusを導入することを前提として、Office展開ツールを使って更新管理をする際の考慮点を紹介します。

注 Office 365 ProPlusは、Office 365の法人向け契約プランのうち、Microsoft Officeソフトウェアを中心とした最上位契約プラン「Office 365 ProPlus」に含まれる全ソフトウェア群のことを指します。このソフトウェア群は、「Office 365 Enterprise E3」といったOffice 365の法人向け上位プランに含まれており、一部の契約プランには含まれません。

クイック実行でのソフトウェア更新プロセス

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。