2015年10月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

初めてのOffice 365いよいよOffice 365 ProPlusを社内に、カスタマイズしてインストールする方法とは (1/2)

「Office 365 ProPlus」を導入するとき、言語やインストールするアプリケーションなどをカスタマイズしたいと考えるIT管理者は少なくないだろう。そのカスタマイズ方法と注意点を紹介する。

[阿部直樹,著]

 「Office 365を導入するときにIT管理者が知るべき2つのポイント」で説明した通り、日本マイクロソフトのオフィススイート「Office 365 ProPlus」を従業員などのエンドユーザーが自らインストールする場合、利用可能な全てのMicrosoft Officeアプリケーションをインストールすることになります。そのため、使用しないOfficeアプリケーションをインストール対象から除くといったことはできませんでした。しかしながら、IT管理者が介在することでOfficeアプリケーションのインストール方法をカスタマイズすることができます。では、実際にどのようにすればよいのか。その方法と注意点を紹介します。

注1 Office 365 ProPlusは、Office 365の法人向け契約プランのうち、Microsoft Officeソフトウェアを中心とした最上位契約プラン「Office 365 ProPlus」に含まれる全ソフトウェア群のことを指します。このソフトウェア群は、「Office 365 Enterprise E3」といったOffice 365の法人向け上位プランに含まれており、一部の契約プランには含まれません。

インストールと更新管理

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...