2016年02月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドベースのBIを活用IT部門に頼らないデータ分析、やってみて分かるこれだけのメリット

データ管理とレポート作成についてIT部門に頼りきっていたある企業が、クラウドベースのBIを利用することで、その状況を緩和した。その結果、アナリストは自社のデータをさらに活用できるようになった。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 クラウド型BIダッシュボード「GoodData」《クリックで拡大》

 既にデータ駆動を広く実践している企業が、データ分析をさらに活用して製品/サービスの中核に据えるにはどうすればよいだろうか。ある企業がそのために踏み出した最初の一歩は、IT部門への依存度を下げることだった。

 ServiceChannelは、米国ニューヨークを拠点に設備管理ソフトウェアを提供する企業だ。同社でグローバルサービス担当バイスプレジデントを務めるシド・シェティ氏は次のように語る。「ビジネスインテリジェンス(BI)は非常に複雑な分野だ。従来、ビジネス部門に所属する従業員は、ほぼ例外なくBIに恐れをなしており、複雑な何段階もの手順を踏んでデータにアクセスしなければならなかった。ビジネス部門の従業員はいつもIT部門を頼りにしていた」

クラウドベースのBIがデータの壁を取り除く

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...