2016年01月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

マーケティング企業のセルフサービスBI導入事例実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?

「Microsoft Excel」は最も広く利用されるBIツールだが、マーケティングサービス企業の米FullFunnelは同ツールでは不十分と感じ、セルフサービス型のアナリティクスツールに切り替えた。

[Ed Burns,TechTarget]

 オンライン販売/マーケティングサービスを手掛ける米FullFunnelは創業してまだ1年ほどにしかならないが、順調に事業を拡大している。だが、同社のさらなる成長を阻む障害が1つあった。「Microsoft Excel」だ。

Excelは今なお最も広く使われるBIツール

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...