2016年03月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

iOS、Android、Mac OS Xでも利用可「Microsoft Office」も配信、AzureのWindowsアプリ配信を使うコツ

「Microsoft Azure RemoteApp」はクラウドからアプリケーションを配信するためのサービスだ。ただしIT管理者はライセンスとアプリケーション互換性の問題に留意し、アプリケーションの展開方法による違いを学ぶ必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 オンプレミス版の「RemoteApp」をクラウドで提供する「Microsoft Azure RemoteApp」《クリックで拡大》

 IT部門はアプリケーションを個別に配信するという要望の高まりに応える必要がある。そこで役に立つのが、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」とリモートアプリケーションサービス「Microsoft RemoteApp」の組み合わせだ。

 アプリケーションをエンドポイントに直接インストールする代わりの方法としてMicrosoftは当初、「Windows Server 2008」で「ターミナル サービス RemoteApp(TS RemoteApp)」を提供した。RemoteAppはWindowsアプリケーションをサーバ上で実行し、「リモートデスクトップサービス(RDS)」(旧ターミナルサービス)を介してエンドユーザーにアプリケーションを提供する機能だ。クラウドサービス「Microsoft Azure RemoteApp」はWindows ServerのRemoteAppと同等の機能を持つが、アプリケーションはオンプレミスではなくAzureクラウドで動作する。

Azure RemoteAppのライセンス

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...