2014年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

日本語版Chromebookにも対応ChromebookでExcelが使える、Ericom“HTML5レシーバー”の実力とは?

HTML5 Receiverは一般的に「便利だけど動作が重い」と言われがちだ。デスクトップ仮想化製品ベンダーの中でもHTML5レシーバーにいち早く取り組み、改良を行ってきたというEricom製品は実用に値するのか?

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 イスラエルのEricom Softwareが開発するデスクトップ仮想化製品が勢いを増している。2012年2月に日本で販売を開始し、TechTargetジャパンが同年8月に取材した当時、導入実績はまだ5社だった。ところが2014年8月現在、国内での導入実績は120社を超えたという。この勢いの背景には、商品戦略のユニークさや、価格の安さ(参考:費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品)、導入の容易さなどがある。

 Ericom Softwareのデスクトップ仮想化製品は、Windowsのリモートデスクトップサービス、仮想PC(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)、ブレードPCといった複数のデスクトップ仮想化方式を提供し、それらを単一の管理コンソールで管理できることが特徴だ。主な構成要素は、コネクションブローカーの役割を担う「Ericom PowerTerm WebConnect」(以下、PTWC)、RDP通信を高速化するアクセラレーター「Ericom Blaze」、iOSやAndroid端末用のクライアントモジュール「Ericom Access ToGo」、HTML5レシーバーの「Ericom AccessNow」(以下、AccessNow)だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

売れるネット広告社、テレビCMや新聞広告でもA/Bテストを可能とするサービスを無料で提供
売れるネット広告社は、テレビCMや新聞広告の広告クリエイティブにおいてネット広告同様...

news049.jpg

「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」 企業アカウントがフォローされるのは?――アイレップ調査
ソーシャルメディアは、生活者の消費行動にどの程度影響力を持っているのでしょうか。

news017.jpg

「バズる」から「課題解決」へ、オンライン動画2018年の傾向
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。一般公募部門では...