2014年07月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows RT」の救済にも活用?無視できない“幻のWindows DaaS”が持つ本当の価値

Microsoftが2014年5月に発表した「Microsoft Azure RemoteApp」は、多くの人が想像していたWindowsデスクトップOSベースのDaaSというよりも、任意のアプリをラッピングしてAzure上で実行する「Microsoft Azure上のApp-V」といわれている。

[Bridget Botelho、Ed Scannell、Diana Hwang,TechTarget]
tt_aa_6045.jpg

 米Microsoftが2014年5月上旬に「TechEd North America 2014」でプレビュー版の公開を発表した「Microsoft Azure RemoteApp」(開発コード名:Project Mohoro)は、IT担当者が期待したWindows DaaS(Desktop as a Service)とは少し違っていた。

 Project Mohoroは、MicrosoftによってホストされるWindows OSベースのDaaSになると考えていた人が多かった。しかし、Azure RemoteAppはあくまで別の方式のDaaSであり、「Microsoft Azure上のApp-V」と評する向きもある。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

「GoPro HERO6 Black」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news013.jpg

「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへの...

news021.jpg

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ...