2016年08月02日 07時00分 UPDATE
特集/連載

85%の企業がWindows 10におおむね満足だが……「Windows 10」無料アップグレード終了、迷える未導入ユーザーの選択肢は?

リリースから1年たつ「Windows 10」。Spiceworksが、中堅・中小企業におけるWindows 10の導入状況を調査した。その結果は?

[Ed Tittel,TechTarget]
Spiceworksの公式Webページ《クリックで拡大》

 Microsoftの「Windows 10」の成否を考える上で、企業がどの程度、支持しているかは把握が難しい。一般ユーザーが移行しても、企業がかたくなに「Windows 7」を使い続ければ、クライアントPC市場にWindows 10を浸透させるという目標の達成は遅れることになりかねない。ネットワークモニタリングサービスを提供するSpiceworksがWindows 10の導入状況についてまとめた報告書『Windows 10 Adoption: Sprinting out the Gate』は興味深い内容となっている。この報告書によると、中堅・中小企業(SMB)においてWindows 10導入の動きは驚くほど活発であり、この先もそうした状況が続く見通しだという。その理由と報告書の概略を以下で紹介する。

ほぼ予想通り4割近くがWindows 10を導入

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...