2016年08月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

フェイルオーバー計画が必要な理由機械学習に起こり得る3つの障害、外部からの攻撃にどう対処すべきか?

機械学習モデルには脆弱性と障害がつきものだ。本稿では障害の発生原因と、障害発生時にもユーザーの作業を中断させないためのフェイルオーバー計画について説明する。

[Judith Myerson,TechTarget]
アナリティクス活用に当たっての主な課題(出典:デロイト)(参照:やっぱり「勘と経験」が頼り? データアナリティクスを定着させるには)《クリックで拡大》

 機械学習モデルには脆弱性がある。これが主な原因となって障害が起こりやすい。例えばハッカーは医療現場で健康に関する予測に利用される機械学習モデルをロックして、正当なユーザーがアクセスできないようにすることができる。また、機械学習モデルにコードを挿入して、ネットワーク上での不正な取引に関して欠陥のある予測が行われるようにすることも可能だ。

 障害が発生したときに、作業を中断されることを望む機械学習ユーザーはいない。ユーザーに不便な思いをさせないために、企業は主要な機械学習モデルからスタンバイモデルへのフェイルオーバーを可能にするフェイルオーバーメカニズムを検討する必要がある。このメカニズムがあれば、ユーザーはバックグラウンドでフェイルオーバープロセスが発生していることにも気付かないだろう。

 機械学習の障害には主に3つの原因がある。1つは「アルゴリズムの欠陥」、もう1つは「ネットワーク構成の欠陥」、そして3つ目は「敵対的な環境への露呈」だ。

原因1:アルゴリズムの欠陥

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...