2014年01月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビッグデータの熱狂から本格利用へ「機械学習」とは? データ分析技術に関連する12の大胆予測

ビッグデータ活用の専門家である「データサイエンティスト」が脚光を浴び、その人材不足が指摘されている。また、ある専門家はビッグデータ解析チームに弁護士を雇う企業が今後増えると予測している。その理由とは?

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 われわれは後年、2014年をビジネス新時代の幕開けとして振り返ることになるだろう。アナリティクス関連の助言・調査会社、米International Institute for Analytics(IIA)によると、マシンラーニング(機械学習)、エンベデッドアナリティクスに加え、ビッグデータの進展開が新しい製品の登場を促し、古いビジネスプロセスをよみがえらせ、弁護士たちにより多くの仕事をもたらすという。

 IIAは、新年に向けて9つの正式な予測を発表したが、最近開催された2014年を予測するWebセミナーの内容をもとに数え直すと、それらは以下の12の項目にまとめられそうだ。

1. 企業はマシンラーニングとオートメーションへの取り組みを継続する

 目の前に広がる膨大なデータを手際よく扱うために、企業はマシンラーニングとオートメーションを学ぶ必要に直面するだろう。企業によっては、数千種ものモデルを、ときにはSKU(最小在庫管理単位)のレベルで生産するところもある。「それが数万、数十万のオーダーになれば、マシンラーニングは魅力的なテクノロジーになる」と、米DellのエンタープライズIT部門のアナリティクス製品マネジャー、サンジェブ・クマー氏は語る。「それは継続的に学習し、ビッグデータを絶え間なく掘り進む技術だ」

2. 企業は人間とマシンの能力、判断力の間の適切なバランスを探るようになる

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...