2014年01月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビッグデータを活用する組織の作り方【第1回】今すぐ調べたい「BI成熟度」 ビッグデータ活用の体制は整っているか?

企業内におけるビッグデータ活用を促進するには、まずBIが定着している必要がある。今回はその「BI成熟度モデル」の概要を紹介する。

[野村 哲郎,NTTデータ]

 ビッグデータ活用基盤が企業に導入され効果を挙げるためには、それを活用する取り組みとIT、方法論であるビジネスインテリジェンス(BI)が企業に定着している必要があります。

 本稿では、まずビッグデータ活用による変革を成功に導く鍵となる「BI成熟度モデル」の概要を紹介します。

 さらに連載の2回目では、今後注目が集まると思われる「情報活用組織の進化」について取り上げます。ビッグデータを活用し、業務に定着させるためには、「組織」面の進化も求められるからです。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。