2013年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

使われないBIが多発する理由腹八分目のシステム導入がデータ分析成功の鍵

現在BI技術の種類は多岐にわたり、多様な分析ニーズに応えられる環境が整っている。だが、これに甘えて不用意にシステムを拡張すれば、使われないシステムが増え、単なるコストの無駄遣いになってしまう。

[Jack Vaughan,TechTarget]

 かつてはオンライン解析処理技術には「多次元型」と「リレーショナル型」の2つの選択肢しかなかったため、BI(ビジネスインテリジェンス)アーキテクトはそのどちらかを選べばよかった。だが今日では、企業が利用できるBI技術の種類は多岐にわたり、BIプラットフォームのアーキテクチャ要素とその基盤となるデータウェアハウスシステムの選択肢も多くなった。

 こうした選択肢の多様化が問題になることもある。技術関連コストと管理負担の増加を招く可能性があるからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...