TechTargetジャパン

製品資料
データ収集時間が半減、バックアップとアーカイブの使い分けで無駄をなくす
 企業データの保存には通常、プライマリーストレージとセカンダリーストレージの2種類の保存媒体を使う。日常よく使うデータはプライマリーに保存し、使用頻度の低くなったデータはプライマリーから削除しセカンダリーで保存する。さらに“捨てることはできないが、緊急...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

事例
世界大手の自動車部品サプライヤーが、製造品質を保つためにしていること
 70年以上にわたって世界大手の自動車部品サプライヤーの地位を保ち続けるRobert Boschでは、パフォーマンス、開発、生産、販売、マーケティング、購買、顧客サービス部門がさらなるイノベーションを目的に、グローバルなネットワークに緊密に統合されている。 このよう...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
アプリ基盤の総所有コストを削減、包括的情報管理の方法とは?
 多くのIT部門が考える、データの増大に対する抜本的な解決策とは、データベースなどのアプリケーションが蓄積するさまざまな履歴データの移行や廃棄を自動化し、一定のルールの下でアーカイブしていくことだ。これにより可用性の高いデータベースサーバやストレージが保...(2016/10/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
生産・工作機械メーカーが直面するビジネス課題とは?設計・開発の側面から考える
 生産・工作機械メーカーは、設計・開発サイクルにおいて新しいプロセス変更を伴うビジネス課題に直面している。エンジニアリングおよび設計サイクルのライフサイクル全体を短縮するプロセス改善は、利益向上につながるとともに、カスタマイズ製品や専門化された機能への...(2016/9/27 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

レポート
ユーザー体験に注目するとDevOpsが成功する――削除される前にアプリを改善
 アプリ開発チームは、アイデアからコーディング、実稼働に至るまでのプロセスの中に、品質向上とリスク軽減につながるフィードバックサイクルの確立を課題としてきた。DevOpsは、これらの要件に答える形で登場し、今やアプリ開発の大きな潮流となっている。 DevOpsの1...(2016/7/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
端末のライフサイクル管理、デバイスが多様化しても基本方針を変えない理由
 デスクトップPCやノートPCに加え、タブレットや2-in-1デバイスなどを業務に利用する従業員が増えたことで、デバイスのライフサイクル管理が複雑化している。さらに、クライアントデバイスに対するセキュリティの重要性も以前にも増して高まっている。 この状況下で、デ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
【IoTの信頼性確立】エンドツーエンドのセキュリティ 6つの戦略
 IoTサービスのためのアプリケーションやシステム開発において、セキュリティに関する施策が急務となっている。セキュリティは問題が生じるまでその重大さや経営にも及ぶであろう影響に直面しないため、導入段階ではややもすると断片的なアプローチで済ませてしまう可能...(2016/6/15 提供:ウインドリバー株式会社)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報など...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
「あえて作り込まない」が正解? 運用重視の業務アプリ開発とは
 急速なビジネスの変化とITテクノロジーの進化により、業務アプリケーションのライフサイクルはさらに短くなった。特定の業務が発生するたびにフルスクラッチでアプリケーションを外注するような従来の方法では、要件の変化に対応できず、コストは膨らむばかりだ。 ここ...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
データ削減11分の1、三井住友建設など3社によるフラッシュストレージ使いこなし方
 仮想デスクトップ環境やデータベース、共有ストレージなどを活用する企業が優先すべき課題としているのが、ワークロードが急増する時間帯のパフォーマンス向上だ。ビジネスが活発化しているタイミングでのシステム遅延は大きな損失を生む。その対策として採用されてきた...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
その時間と費用は本当に必要か? ストレージ更新の新旧モデルを徹底比較
 ストレージの典型的なライフサイクルは3〜5年といわれている。多くの企業では、全面的な入れ替え、システムの再購入、新しいストレージコントローラーやストレージメディアの配備などを行いながらストレージ基盤を更新している。しかし、この繰り返しによる時間と費用の...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

講演資料
クラウド選定前に確認したい「今求められるクラウド基盤の要件」とは
 エンタープライズITには、ERPやCRMなどのSoR(記録のためのシステム:Systems of Record)と、メール、グループウェア、SNSなどのSoE(人との関係を構築するためのシステム:Systems of Engagement)の分野がある。求められるクラウドは、このSoR・SoEの両分野に対応す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
「テープは過去の遺物」の理解こそ過去のもの、進化を続けたテープストレージの今とは
 「テープストレージは過去の遺物」という認識が軽率であることは多くの読者が理解するところだろう。爆発的な増加が始まっている情報のライフサイクル管理を実行する上で、テープストレージはこれまでも、そしてこれからも、重要な役割を果たしていくだけの特性と品質が...(2016/1/22 提供:富士フイルム株式会社)

事例
大妻学院が運用負荷軽減と経費予算化を容易にした「PC運用管理のシンプル化」とは?
 2008年に創立100周年を迎えた大妻学院。2005年に事務職員のPCをほぼ1人1台体制とし、翌年には事務システムを基幹システムに変更、学内にIT担当部署を設置するなどITインフラの整備を進めてきた。だが、追加時に都度調達したPCは機種やメーカーがバラバラで、運用負荷が...(2016/1/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
PCライフサイクルマネジメントの課題にNECが出した答えとは
 クライアント(PC)のライフサイクル全般にわたって管理を行うクライアント管理は、業務改善の必要性が認識され、経営層も適切な運用管理を模索しているが、具体的な取り組みに至っていない。端末が多様化し、利用形態が絶えず変化することに加え、世界共通に使用できる...(2016/1/8 提供:日本電気株式会社)

事例
事例に見る:「持たざるIT資産時代」の最適なTCO削減手段とは?
 IT業務のトータルサポートを手がける三和コンピュータでは、全社的なTCO推進に伴うPCリース期間の延長で、老朽化したPC対応と、資産管理、更新手続きの煩雑化による運用負荷が増大。管理スタッフの作業負荷軽減と社内業務全体の効率アップのため、新たなPC調達・運用の...(2016/1/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITの柔軟性とコスト削減をスピーディーに実現、ベストプラクティスに基づいた仮想化ソリューションとは
 ITサービスの柔軟性とコスト削減は、どの企業も抱える喫緊の課題である。しかし、従来のITサービス提供モデルでは、さまざまなコンポーネントの調達から設計、検証、構築などの複雑なプロセスが必要で、アーキテクチャのライフサイクルに及ぶこうした要因は複雑さを増大...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク
 「うちはPLMシステムを持っているけど使い方はPDMどまりです」ということは無いだろうか。これは非常にもったいない。が、良く聞くケースでもある。 PLMシステムは本来、製品情報を一元管理し、モノづくりにかかわる人たちに正しい情報を適切なタイミングで部門に応じ...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ソフト開発を加速する4つのエントリーポイント
 現在のビジネスが求める顧客提供価値の品質とスピードを実現するためには、開発+運用の加速化にとどまらず、ユーザーのフィードバックを継続してソフトやサービスに反映・展開するライフサイクルの推進である。そこでIT部門に求められる役割は、開発と運用の領域だけで...(2015/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
統計調査で見えた4つの傾向:互いの手口を模倣するサイバー犯罪者とAPT攻撃者
 サイバーセキュリティが社会で問題視される中、組織に求められているのはセキュリティ侵害に対する認識を変えることだ。恐怖や屈辱をもたらす対象と捉えるのではなく、「現実のビジネス上の課題」と見なして必要な対策を講じる必要がある。 本書では、セキュリティ専業...(2015/10/13 提供:ファイア・アイ株式会社)

製品資料
金融機関でも採用、モバイルアプリ開発で考えるべきセキュリティ対策
 モバイルアプリをエンタープライズ利用するために乗り越えるべき最大の課題は、セキュリティ対策だ。企業のセキュリティ基盤の主要なコンポーネントは、インターネット閲覧を保護することを目的に設計されている。 しかし、アプリストアからダウンロード可能なモバイル...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
フィナンシャルマルウェアとは? サイバー犯罪者の戦術と不正な銀行取引を解明
 フィナンシャルマルウェア、それは不正な銀行取引(トランザクション)を可能にする悪意あるソフトウェア。それが今、世界中の経営幹部、リテールバンキングやコマーシャルバンキングの頭取、グローバルコンプライアンスオペレーションのリーダー、リスク管理責任者にと...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading