TechTargetジャパン

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
オンデマンド製造によるリスク軽減 〜製品開発の短縮と機会損失の回避に向けて〜
 サプライチェーンの戦略的管理は、製品開発とライフサイクルプランニングに不可欠なだけでなく、リスク軽減に必要な要素でもある。先駆的企業は、サプライチェーンを成長とリスク最小化の能力を高める、機能横断型の取り組みと位置付けている。生産や出荷の遅延に関する...(2017/5/23 提供:プロトラブズ合同会社)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
PCライフサイクル管理が左右する生産性――企業調査から見えてきた対策とは?
 従業員の就業場所やデバイスが多様化したことで、生産性向上につながる適切なツールを従業員に提供し続けられることが以前にも増して重要となっている。しかし、そのためのPCライフサイクル管理を自社で賄うことも困難になりつつある。 Forresterの企業調査では、60%...(2017/5/15 提供:デル株式会社)

プレミアムコンテンツ
「鉄を100年間守る」――大阪の町工場が世界に誇る表面加工処理技術
 「鉄」は単価が安く、強い。比較的加工もしやすいことから、モノづくりになくてはならない素材の1つである。しかし、鉄は必ず錆びる。それを防ぐ技術が表面加工処理だ。 今回取り上げる新免鉄工所は、長年培ってきた塗装と溶射、ブラスト加工から成る技術により、高度...(2017/4/11 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
業界別API公開シナリオ──セキュリティと利活用を両立する仕組みの作り方
 自社のサービスと外部サービスの連携で、新しいビジネスの創出や顧客接点の拡大に取り組む企業が増えている。その核となるのが「APIの公開・活用」だ。例えば航空業界では、飛行機の発着情報を外部アプリにリアルタイムに提供することで、旅行者によるWebサイトへのアク...(2017/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2017/4/10 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
アジャイル開発のセキュリティ対策――OSSの脆弱性を回避するための基本戦略
 近年、アジャイルソフトウェア開発における構成要素としてオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶケースが増えている。開発者が新規にコードを作成する必要がなく、性能と機能を提供する上で有効な多数のコンポーネントを備えたOSSは、アジャイルプロジェクトの安定し...(2017/3/9 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド
 製造業をはじめとして「アセットマネジメント」への取り組みが、ただの設備保全や修繕といった以上の意味を持つようになっている。設備資産のライフサイクル管理をもとに、コスト削減や収益性改善、サービスレベルや顧客満足度の向上が仕組まれる。 その中で、英国規格...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

技術文書
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ
 顧客や従業員の個人情報、ログインデータなどの機密データを扱うアプリケーションや、企業の重要データ、知的財産などを扱うアプリケーションの開発では、操作性や機能性、データ保護や暗号化などのセキュリティ向上は多くの場合で考慮される。ただし、アプリケーション...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ
 近年、製品のライフサイクルが短くなり、営業の現場には多種多様な商材があふれている。この多品種化時代に対応したネット販売が、対面販売の強力なライバルとして台頭している。ECサイトでは、豊富な情報コンテンツを閲覧でき、ユーザーの属性に応じた提案を行える。ア...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

製品資料
社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術
 社内ITインフラのクラウド化を考えるとき、複数サービスのメリットを取り入れられる「ハイブリッドクラウド」は非常に効果的な選択肢となる。しかし、ハイブリッドクラウドを導入しても、ITインフラの運用効率やビジネス部門へのサービス提供が改善されないケースも目立...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法
 システム運用担当者が常に頭を悩ませる問題が、システムを構成するさまざまな製品のライフサイクル管理だ。ハードウェアのサポート切れに伴う再構築が済んだと思えば、次は業務パッケージの更新時期が目の前、と「終わりの見えない改修」に追われ続けている。IT部門への...(2017/1/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
世界大手の自動車部品サプライヤーが、製造品質を保つためにしていること
 70年以上にわたって世界大手の自動車部品サプライヤーの地位を保ち続けるRobert Boschでは、パフォーマンス、開発、生産、販売、マーケティング、購買、顧客サービス部門がさらなるイノベーションを目的に、グローバルなネットワークに緊密に統合されている。 このよう...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
アプリ基盤の総所有コストを削減、包括的情報管理の方法とは?
 多くのIT部門が考える、データの増大に対する抜本的な解決策とは、データベースなどのアプリケーションが蓄積するさまざまな履歴データの移行や廃棄を自動化し、一定のルールの下でアーカイブしていくことだ。これにより可用性の高いデータベースサーバやストレージが保...(2016/10/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
生産・工作機械メーカーが直面するビジネス課題とは?設計・開発の側面から考える
 生産・工作機械メーカーは、設計・開発サイクルにおいて新しいプロセス変更を伴うビジネス課題に直面している。エンジニアリングおよび設計サイクルのライフサイクル全体を短縮するプロセス改善は、利益向上につながるとともに、カスタマイズ製品や専門化された機能への...(2016/9/27 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
データ収集時間が半減、バックアップとアーカイブの使い分けで無駄をなくす
 企業データの保存には通常、プライマリーストレージとセカンダリーストレージの2種類の保存媒体を使う。日常よく使うデータはプライマリーに保存し、使用頻度の低くなったデータはプライマリーから削除しセカンダリーで保存する。さらに“捨てることはできないが、緊急...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

レポート
ユーザー体験に注目するとDevOpsが成功する――削除される前にアプリを改善
 アプリ開発チームは、アイデアからコーディング、実稼働に至るまでのプロセスの中に、品質向上とリスク軽減につながるフィードバックサイクルの確立を課題としてきた。DevOpsは、これらの要件に答える形で登場し、今やアプリ開発の大きな潮流となっている。 DevOpsの1...(2016/7/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
端末のライフサイクル管理、デバイスが多様化しても基本方針を変えない理由
 デスクトップPCやノートPCに加え、タブレットや2-in-1デバイスなどを業務に利用する従業員が増えたことで、デバイスのライフサイクル管理が複雑化している。さらに、クライアントデバイスに対するセキュリティの重要性も以前にも増して高まっている。 この状況下で、デ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
【IoTの信頼性確立】エンドツーエンドのセキュリティ 6つの戦略
 IoTサービスのためのアプリケーションやシステム開発において、セキュリティに関する施策が急務となっている。セキュリティは問題が生じるまでその重大さや経営にも及ぶであろう影響に直面しないため、導入段階ではややもすると断片的なアプローチで済ませてしまう可能...(2016/6/15 提供:ウインドリバー株式会社)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報など...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
「あえて作り込まない」が正解? 運用重視の業務アプリ開発とは
 急速なビジネスの変化とITテクノロジーの進化により、業務アプリケーションのライフサイクルはさらに短くなった。特定の業務が発生するたびにフルスクラッチでアプリケーションを外注するような従来の方法では、要件の変化に対応できず、コストは膨らむばかりだ。 ここ...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Loading