スマホには「eSIM」を使うべき理由とは? SIMカードとの違いが明白にスマートフォン利用の今後を占う【後編】

「SIMカード」と「eSIM」はどちらも、通信サービスに必要な加入者情報を記録する。スマートフォンの利用者や事業者は、今後はどちらを使うべきなのか。

2023年02月20日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 「SIM」(Subscriber Identity Module)は、通信サービスの加入者情報を記録する。小型のカードの形状をした「SIMカード」と、スマートフォン内部に組み込むタイプの「eSIM」といった複数の種類がある。今後のスマートフォン利用を見据えると、eSIMを使った方がよい理由を、研究機関が実施した試験が示した。eSIMに何が期待できるのか。

「SIMカード」と「eSIM」に歴然の違い

 半導体関連の研究所Fraunhofer Institute for Reliability and Microintegration IZM(Fraunhofer IZM)と、セキュリティ技術を開発する企業Giesecke+Devrient(G+D)は、SIMカードとeSIMに関するライフサイクルアセスメント(LCA)を実施した。

 G+Dによると、LCAで分析した全ての項目において、eSIMはSIMカードよりも環境負荷の低減につながることが明らかになった。特に注目すべきは、CO2(二酸化炭素)排出量を抑制できる点だ。LCAは、SIMカードの代わりにeSIMを使うことで、CO2排出量を46%削減できることを示した。

 モバイル通信事業者やスマートフォンの利用者は、eSIMに関連する先端技術を利用することで、CO2排出量の大幅な削減に貢献できる可能性がある。「今後のモバイル通信におけるeSIMの重要性が明確になった」。G+D社のコネクティビティーおよびIoT(モノのインターネット)事業部長のヤン・ボック氏はそう評価する。

 「ネットゼロ」(温室効果ガスの排出量と、除去量および吸収量が等しい状態)という目標達成を目指した取り組みが各分野で進んでいる。データセンターや製造施設が、利用するエネルギーを再生可能エネルギーに転換していることもその一例だ。

 CO2排出量の削減や、CO2排出量を相殺することにつながる製品を顧客に提供することが、スマートフォンベンダーや通信事業者にとっては一段と重要になる。「今回の評価は、SIMカードのエコシステム(協業や協力の体制)を見直すに当たっての出発点だ」とボック氏は語る。

 Fraunhofer IZMのリサーチアソシエイトであるデビッド・サンチェス氏は、「LCAの結果は、eSIMが環境に優しい通信手段であることを示した」と語る。サンチェス氏が特に注目するのは、eSIMはスマートフォンをエンドユーザーに提供するために必要となる機器や物流を減らし、CO2排出量を削減できる可能性を秘めていることだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...