「デジタルID」を使った年齢確認が英クラブで“大好評”の訳身分証明のデジタル化【前編】

ロンドン郊外の町キャンバリーのクラブは、年齢確認のためにデジタルIDアプリケーション「1account」を試験的に運用した。同アプリケーションが好評を博した理由とは。

2023年02月17日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 2022年、英国の内務省は「規制のサンドボックス制度」(注1)に基づく新技術の試験運用を9件実施した。そのうちの一つが、ID認証アプリケーション「1account」のクラブにおける試験運用だ。この試験運用は、1accountを提供するID技術ベンダーOne Account Mobileと、バーやクラブの運営企業Rekom UKが共同で実施した。

※注1:参加者や期間を限定し、規制の適用を受けることなく、新しい技術を実証できる場を整えること

 試験運用後のアンケート調査は、来店客の約9割が1accountを好意的に評価したことを示した。

「1account」が好評を博した理由とは?

 One Account Mobile とRekom UKは、2022年2月から6月にかけてロンドン郊外の町サリー州キャンバリーのクラブTruで、1accountの試験運用を実施した。試験運用期間中の1accountのダウンロード総数は921件、同アプリケーションを用いたチェックイン数は839件だった。来店客に1accountの使用感を聞いたアンケート調査では、合計288人のうち88.5%が「使いやすい」と評価し、89.6%が「従来のやり方よりも1accountを使用した方がいい」と回答した。

 アンケート調査によると、クラブ入場時の年齢確認にかかる平均時間は、運転免許証やパスポートといった物理的な身分証明書を用いた場合は14.8秒だった。これに対してデジタルIDを用いた場合は4.7秒で、時間短縮につながった。

 今回の試験運用では、デジタルネイティブ世代はデジタルIDを受け入れる傾向が強いことも明らかになった。Rekom UKでシニア運営ディレクターを務めるトニー・ゴーバート氏によると、同社が運営する店舗の来店客は、ほとんどがデジタルネイティブ世代だという。

 「今回の試験運用を通じて、デジタルIDを用いた認証はクラブの来店客に好評だということが分かった」とゴーバート氏は語る。Rekom UKは試験運用の結果を踏まえて、来店客の体験を向上させる方法や、来店客に提供できるメリットを検討する。


 中編は、物理的な身分証明書を使う際の懸念点を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...