TechTargetジャパン

製品資料
日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法
 得意先企業の人事情報や人物情報を把握することは、折々のあいさつで必要になるのはもちろん、営業戦略を策定する際にも重要になる。しかし、これまでは新聞などを担当者が1つ1つチェックして調べるケースが多く、どうしても見落しや転記ミスが発生していた。 そこで利...(2017/2/17 提供:日本経済新聞社)

レポート
駐車場をIoT化した「Smart Park」──空き状況がリアルタイムで分かる
 コインパーキングの検索サービス「Smart Park」をご存じだろうか。Smart Parkは、スマートフォンのアプリを利用して、地図上に表示されるコインパーキングの満空状況を調べられるサービスだ。 特に都内では、近隣の駐車場がなかなか空いておらずイライラ……ということ...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
経費精算業務を90%削減、自動化とスマホ対応で申請・承認の悩みを一挙に解決
 毎月行われる経費精算は、経理担当者だけでなく申請者、承認者、管理者にとっても大きな負担となる。特に「外出先での申請や承認ができないこと」「申請ミスの修正が大変であること」「紙文書の管理が面倒であること」などは、経費精算システムへの大きな不満となってい...(2017/2/13 提供:株式会社Donuts)

事例
機密文書の漏えい・改ざん対策、“現場の不満を招かず”に管理強化する方法
 研究情報や個人情報といった機密性の高い情報を多数扱う組織では、データの流出や紛失、改ざんなどへの厳重な対策が求められる。しかし、現実を見ると、重要情報が個人レベルで管理され、管理者も状況を把握できなくなっているケースが目立つ。 このような組織でも、紙...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
ステルス性の高い脅威も排除、エンドポイント可視化で標的型攻撃を瞬時に検出
 標的型攻撃の主要な手口には、脆弱性の悪用、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングWebサイトなどがある。攻撃者は、これらを組み合わせた手法で標的となる企業への侵入を試みるが、その際に狙われるのがエンドポイントシステムだ。 企業のインフラに入り込んだ攻...(2017/2/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
保管すべき証憑書類を85%削減、電子化で現場業務を簡単に
 稟議(りんぎ)申請や経費精算、振替申請、小口現金管理など、多岐にわたる現場業務。申請や承認の作業が煩雑化し、本来注力すべき業務の足かせとなっている状況も散見される。この改善を目指して、Web型のワークフロー申請システムを利用する企業は多い。 このシステ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

製品資料
「ペーパーレス化」実践術、経費精算業務とスキャナー保存の悩みを一挙に解決
 法改正により証憑の電子保存の要件が緩和されたことで、経費精算業務のペーパーレス化が進んでいる。紙文書では、保管・輸送の負担や検索性など管理面の悩みと、領収書の照合作業や申請者の入力ミス対応などの精算業務面の悩みが付きまとう。電子保存を導入すれば、これ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

製品資料
“伝わる”情報共有をスマホで実現 重要情報を確実に伝えるツールの条件とは
 電話、チャット、SNS、ファイル共有、メールなど、多くの機能を備えたスマートフォンを活用した情報共有が進んでいる。その結果、情報量は飛躍的に増加したものの、「情報更新に気付いてもらえない」「情報が見にくく探してもらえない」「ちゃんと伝わったのか分からな...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

レポート
メール問い合わせ対応のトラブルを防ぐ12のチェックリスト
 カスタマーサポートにおけるメール対応業務の現場は、多くの課題を抱えている。「問い合わせの把握に時間がかかる」「対応履歴がすぐ検索できない」「出先から確認できない」といった課題が日々、新たなトラブルを生み、業務に大きな負担をかけている。 その一方で、メ...(2017/1/19 提供:株式会社ラクス)

製品資料
「e-文書法」対応の鉄則、契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める
 「e-文書法」に代表される紙文書保存の規制緩和により、さまざまな業務でペーパーレス化が進んでいる。その中でも契約管理業務は、紙を保管する場所の削減、書類の検索性向上、書類のひも付け管理など、文書の電子化による効率化が期待されている。 そこで注目されてい...(2017/1/10 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

製品資料
「常時SSL化も万能ではない」、SSL通信を隠れみのにした攻撃にどう対処する?
 Webサイトの全てのページをSSL暗号化することで、セキュリティの強化、ログ精度の向上などを目指す「常時SSL通信化」。これを実施したWebサイトやWebサービスは検索エンジンの評価が高くなりやすいことから、SEO対策としても注目されている。 しかし、近年はSSL通信を...(2017/1/10 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
常識となりつつある常時SSLの課題――隠れた攻撃の発見と解析負荷の軽減
 SSL/TLSによるWebサイトの暗号化通信が標準になりつつある。SSL暗号化通信に必要なサーバ証明書が安価になったことでセキュリティを高めやすくなったと同時に、GoogleがSSL暗号化通信に検索順位の優遇を図っていることも影響している。 一方、SSL暗号化通信は通信内容...(2016/12/22 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Outlook Web App活用術:アドレス帳をツリー形式で表示するには?
 企業にとって利便性が非常に高く、特に大手企業では必須アイテムともいえるExchange Server。広く普及しているからこそ、より自社に適したシステムへとカスタマイズするためのツールも登場している。 それが、Outlook Web App(OWA)向けの階層型アドレス帳ツールだ。(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
データ検索性能に優れた「新しいスナップショット機能」とは?
 ある時点におけるストレージ内部の状態を保存する「スナップショット」は、停止や機能低下が許されないシステムでのバックアップなどに利用される。大容量データのバックアップも可能になるので、多くのシステムで1日に数回、定期的にスナップショットが取得されている...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
購入経路の多様化により、あらゆる局面でのマーケティング努力が必要に
 従来のマーケティング手法では、消費者が購入へと至る経路を直線的に捉えてきた。しかし、近年の消費者は、実店舗で商品を購入する前に、ネット検索や口コミ情報を活用するなど、各フェーズでさまざまな顧客接点を利用するようになっている。 消費者のたどる経路は消費...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
情報共有・発信が進まない原因を解消、安全性と迅速性を両立するコラボツール
 ビジネスにおける情報の共有と発信の重要性が高まるなか、従来の手法に不満を感じる場面が増え始めている。例えば、情報共有に必要な安全性や利便性、最新情報を社内外に発信するための迅速性といった面で、これまでのクラウドサービスには幾つかの課題があった。 そこ...(2016/11/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
過剰なリンク対策は不要、着実に上位を目指すコンテンツマーケティング
 Webマーケティングの手法には外部リンク対策と内部対策がある。外部リンク対策は以前もてはやされたものの、近年は検索サイトなどのペナルティが厳しくなり、過剰な対策が行えなくなっている。そこで重視されているのが、内部対策の中でもコンテンツマーケティングと呼...(2016/10/17 提供:株式会社EXIDEA)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“売れる”ECサイトは何が違う? リターゲティング広告を成功させる5つのヒント
 1人のユーザーがデスクトップPCやスマートフォン、タブレットなどの複数端末を使いこなすクロスデバイス時代となり、ECサイトの業務負荷は膨らむ一方だ。そのマーケティングでも端末間の「隙間」が生じ、見込み客を取りこぼすリスクが増加している。 このような状況で...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

レポート
Webシステムを外注する前に読みたい「最低限知っておくべき8つの手順」
 自社のWebサイトを制作する際、検索システムやアンケートシステム、予約システムといったさまざまなWebシステムを構築するには、開発会社の専門知識を利用することが効果的だ。 しかし、発注者としてただ開発会社に依頼するだけでは、思うようなWebサイト構築は難しい...(2016/10/13 提供:発注ナビ株式会社)

事例
目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?
 任天堂は、近年、従来のゲーム機に加えて、スマートデバイス対応アプリケーションの開発にも力を入れている。2016年3月には「My Nintendo」という新サービスを開始し、同社のスマートデバイス向けアプリの第1弾となる「Miitomo(ミートモ)」もリリースした。 これまで...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
生活者の行動パターンに注目、「リアル行動ターゲティング」で広告配信が変わる
 Webページの閲覧、検索、クリック、購買などのWeb行動データを基にした広告配信は、製品やサービスへのニーズを持つユーザーを的確に捉えたマーケティングを可能にする。しかし、能動的な情報収集の履歴から見えるのは、ある程度ニーズが顕在化したユーザー層であり、そ...(2016/9/5 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

事例
「Notesの継続利用が最善」、成田国際空港が5分の1のコストで社内ポータル刷新
 日本の玄関である成田国際空港は、2020年の東京オリンピックに向けた改革の一環として社内システムを刷新した。Microsoft SharePointとIBM Notesでバラバラに構築されていたシステムに対して「使いにくい」という声が多数寄せられるようになったからだ。 旧システムで...(2016/8/30 提供:株式会社大塚商会)

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

Loading