TechTargetジャパン

事例
はてな経理部長が語る、マザーズ上場を支えた財務会計システムの「これが助かった」
 はてなは、人力検索サービスの提供を開始してから15年後となる2016年2月に東京証券取引所マザーズに上場を果たした。同社ではIPOを視野に入れ始めた2012年ごろから新財務会計システムの検討に入り、翌年6月にシステムを本格稼働した。 旧システムは、2008年ごろにリリ...(2016/5/23 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
データベース環境の賢い作り方――5つの課題で解説
 データベースサーバに求められるスペックは、バックアップシステムやハブシステムなどの要件によって異なるが、その導入に際しては、処理性能だけでなく、運用コスト、可用性、導入期間なども検討しなければならない。データベース環境をより少ない時間とコストで導入す...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

製品資料
Webマーケティング「どうすればいいのか分からない」その原因と次にやるべきこと
 Webマーケティングを行うに当たっては、検索エンジンやSNS対策に始まり、ランディングページや入力フォームの改善、見込み客と既存顧客のデータベース化、メールマガジン作成など、さまざまな施策が欠かせない。目的となる売り上げを着実に増やすには、こうした施策をバ...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
システム開発商談が年間約19案件、システム開発の見込み客を効率的に発掘する方法
 ITシステムの開発・受託企業にとって、新規案件の発掘は永遠の課題だ。しかし、問い合わせを増やしたいと考えても広告予算を捻出できなかったり、新規の営業経験が少なく、どうやって営業すれば受注できるか分からないといった企業も少なくない。 本コンテンツはITサー...(2016/3/4 提供:発注ナビ株式会社)

事例
「他の医療機関にも広まってほしい」久留米大学病院が構築したメッセージウェアハウスの有効性
 各部門が個々に業務システムを構築し、互いに連携させて稼働している場合、多くのシステムと連携して中心となる「ハブシステム」ができる。例えば大規模病院ならば、電子カルテシステムなどがこれに当たる。しかし、こうしたハブシステムと各部門システムの連携を1対1で...(2016/2/22 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

製品資料
エンタープライズサーチ進化の現状、情報だけでなくナレッジが共有される基盤とは
 企業システム内にある多種多様なデータを効率的に検索し、情報活用を促すエンタープライズサーチは、企業規模を問わず多くの企業が導入している。増加の一途をたどる業務データの中から必要な情報を素早く探し出し活用することは、業務効率化のみならず、新たなビジネス...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

講演資料
現場カイゼンと同時に、ホワイトカラーの生産性カイゼンに必要なものとは?
 社会経済システムの調査研究を行う日本生産性本部によると、日本の労働生産性は2014年においてOECD加盟34カ国中で第21位、主要先進7カ国では最も低い。そしてこの順位は2005年から変わらないままである。 各方面で指摘されている原因の一つが「ホワイトカラーは仕事に...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

技術文書
クレジットカード情報が狙われる――二木ゴルフの情報漏えい対策
 クレジット情報や個人情報を狙った標的型サイバー攻撃が急増している。国内でも決済処理システムがマルウェアに感染し、店頭で使用したカード情報が窃取されたことから、POSシステムへの「POSマルウェア」感染が疑われている。 カード決済で使われるPOS端末は、一般的...(2015/12/22 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
あなたの工場のウイルス対策は万全ですか?ユースケースで紹介するクローズド環境のウイルス対策
 ウイルス対策が後手に回りがちなスタンドアロン/クローズド環境向けのエンドポイントソリューションとして効果を発揮する「Trend Micro Portable Security 2TM」。2015年12月に、顧客からの要望をもとに機能を向上させた「Service Pack2」がリリースされた。新機能で...(2015/12/17 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
チャートで診断:貴社のリアルタイムWebパーソナライズ実現レベルはどれくらい?
 Webサイトの訪問者は、10秒でそのサイトにとどまるかどうかを判断する。そして訪問者の98%は、属性情報などが見えない匿名状態だ。この匿名の訪問者ごとに最適なコンテンツを提供できれば、Webサイトに対する信頼感を醸成でき、ビジネス成長の大きなきっかけになる。で...(2015/11/25 提供:株式会社マルケト)

製品資料
共有サーバのデータを毎日保護することはできない? 簡単な方法あります
 ファイルサーバは手軽にファイル共有できる利便性がある一方で、容量が一杯になると必要なファイルが消されてしまったり、ファイルの世代管理や検索性においても課題がある。一般的にファイルの世代管理はスナップショット機能を使うことが多いが、データは複製せず、取...(2015/11/24 提供:株式会社日立製作所)

レポート
今すぐ使えるリードスコアリング完全ガイド
 今日、見込客が製品情報やサービスの情報を得るための情報源は、オンラインチャネルへとシフトしている。見込客は購入準備段階からWebサイトを検索し、製品資料をダウンロードするなどさまざまな方法を駆使して購買のための情報を収集している。マーケターはこれを踏ま...(2015/11/2 提供:株式会社マルケト)

製品資料
「SIEMは単なるログ収集ツールではない」 次世代SIEMの実力とは?
 ログ収集から一歩進んだSIEM(Security Information and Event Management)は、特定のイベントの発生をアラートで通知し、イベントの相関レポートを作成する、監視とレポート作成支援のツールである。最近ではセキュリティイベントに加え、ネットワークトラフィックの...(2015/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
サーバ容量節約だけではない、メールアーカイブで「監査能力が向上」
 「電子帳簿保存法 第10条」や「関税法 第94条」などでは、電子取引にかかわる記録の保存が義務化され、電子メールの保存も必要となる。また米国企業との取引でトラブルが発生した場合「e-ディスカバリー法」において電子情報の証拠開示手続きが取られることがあり、そこ...(2015/10/16 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

事例
システム部門に頼らず業務部門が直接データ活用、さまざまな業種での実例紹介
 基幹システム内のデータを活用する上で問題となるのは、業務部門が欲しいデータを引き出すために、必要以上の時間がかかってしまうことだ。さらに別の切り口を加えようとすると、また一層の時間を要してしまう。こうした状況を作り出している原因は、基幹システム内のデ...(2015/10/16 提供:富士電機株式会社)

製品資料
データバックアップのススメ、「3つの復旧パターン」
 業務データの保護はビジネス上の重要な課題である。ハードウェアやソフトの障害、人的ミス、ウイルスなどでデータを損失した場合、業務停止だけでなく、結果として利益損失、信用や競争力の低下など大きな影響を及ぼす。こうしたデータ損失を防ぐために最も基本的かつ必...(2015/9/28 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
需要予測/顧客分析/テキスト分析も、小規模ISVが速やかにアプリを開発できるワケ
 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、自社製品やサービスを速やかに立ち上げることは事業課題である。SAP提供のOEMプログラムを利用し、「SAP HANA」プラットフォームを使い開発スピードを早め、ビジネス拡大を図るISVが既に何社も出てきている。 福祉・医療関...(2015/8/26 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
富士ゼロックスマニュファクチュアリングの生産現場が業務効率の最大化に向けて行った工夫
 製造業の生産現場では、部品や製品の在庫情報を基にコストを最適化する生産計画を策定する。そのためには、各部門が情報を共有し、更新される業務プロセスに合わせた正確なデータ活用が必要になる。しかし現場では、情報の抽出や、参照するシステムの変更をIT部門に依頼...(2015/8/26 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
情報システムの競争力を高める、データ保護・管理の統合ソリューション「6つの特徴」
 さまざまなITサービスが競合する中、差別化要因として高速化がクローズアップされている。そして情報システムの高速化には、日々生成されるデータのバックアップやストレージの効率化が欠かせない。 バックアップやアーカイブ、レプリケーション、スナップショット管理...(2015/8/21 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
毎日データ保護、ファイルの「消えた・違う・見つからない」がなくなる
 日々の業務の中で発生する、さまざまなファイル管理に関する課題を抱えている組織は多い。組織単位での運用ルールで対応しているケースもあるが、根本的な解決策とはならない。 こうした場合、自動でデータ保護をするクラウドサービスの導入は、解決策の1つとなり得る...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
「SIEMは単なるログ収集ツールではない」 次世代SIEMの実力とは?
 ログ収集から一歩進んだSIEM(Security Information and Event Management)は、特定のイベントの発生をアラートで通知し、イベントの相関レポートを作成する、監視とレポート作成支援のツールである。最近ではセキュリティイベントに加え、ネットワークトラフィックの...(2015/7/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
攻撃の55%は内部犯行? 内部犯行者による脅威はなぜ見落とされるのか
 最新報告『IBM X-Forceレポート2015年第2四半期版』によると、「内部犯行者による脅威」は他の攻撃タイプと比較して“最上位の脅威”に位置付けられている。また2014年に記録された攻撃のうち、45%は部外者が原因と判明した一方で、55%はシステムへの内部的アクセスが...(2015/7/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
グローバル製造業が制作・管理すべきテクニカル製品コンテンツとは
 デジタルの時代、ユーザーがモバイルでセルフサービスサポートを利用して、製品情報やマニュアルを検索することは当たり前となった。ユーザーが利用しやすい情報提供、つまりマニュアルの「ユーザー体験」は、その後のリピート購買にも大きく影響することをご存知だろう...(2015/7/13 提供:SDLジャパン株式会社)

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2015/6/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
受信トレイから仕事を探す無駄、やめませんか? タスク管理から変える働き方の革新
 コンシューマー分野をけん引した「モバイル」「クラウド」「ソーシャル」という技術は、ビジネス分野でも働き方の変革をもたらしている。しかし、コミュニケーションの手段が桁違いに増え、従業員個人が把握、管理しなければならないタスクの量と重要性が高まったにもか...(2015/6/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
設計品質のためのナレッジ活用、「3つの課題」への解決策
 製造業の設計部門では、品質問題の流出防止の他、開発リードタイムの圧縮など、広い意味での設計品質に関する問題が山積みとなっている。そして、これらの打ち手(解決策)の1つとして設計関連情報の共有強化(以下「ナレッジ活用」と呼ぶ)を挙げる企業が多く、特に中...(2015/6/4 提供:株式会社図研)

製品資料
NoSQLとHadoopの真価を引き出す、ビッグデータソリューションとは?
 NoSQL、Hadoopはオープンソースで提供されるソフトウェアフレームワークだ。NoSQLは従来のリレーショナルデータベースとは異なり、データの一貫性を緩くして一度に大量のデータ更新を受け入れることを優先する。Hadoopはデータ処理を分散させる技術で、大きなファイルを...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading