TechTargetジャパン

製品資料
Outlook Web App活用術:アドレス帳をツリー形式で表示するには?
 企業にとって利便性が非常に高く、特に大手企業では必須アイテムともいえるExchange Server。広く普及しているからこそ、より自社に適したシステムへとカスタマイズするためのツールも登場している。 それが、Outlook Web App(OWA)向けの階層型アドレス帳ツールだ。(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
データ検索性能に優れた「新しいスナップショット機能」とは?
 ある時点におけるストレージ内部の状態を保存する「スナップショット」は、停止や機能低下が許されないシステムでのバックアップなどに利用される。大容量データのバックアップも可能になるので、多くのシステムで1日に数回、定期的にスナップショットが取得されている...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
購入経路の多様化により、あらゆる局面でのマーケティング努力が必要に
 従来のマーケティング手法では、消費者が購入へと至る経路を直線的に捉えてきた。しかし、近年の消費者は、実店舗で商品を購入する前に、ネット検索や口コミ情報を活用するなど、各フェーズでさまざまな顧客接点を利用するようになっている。 消費者のたどる経路は消費...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
情報共有・発信が進まない原因を解消、安全性と迅速性を両立するコラボツール
 ビジネスにおける情報の共有と発信の重要性が高まるなか、従来の手法に不満を感じる場面が増え始めている。例えば、情報共有に必要な安全性や利便性、最新情報を社内外に発信するための迅速性といった面で、これまでのクラウドサービスには幾つかの課題があった。 そこ...(2016/11/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
過剰なリンク対策は不要、着実に上位を目指すコンテンツマーケティング
 Webマーケティングの手法には外部リンク対策と内部対策がある。外部リンク対策は以前もてはやされたものの、近年は検索サイトなどのペナルティが厳しくなり、過剰な対策が行えなくなっている。そこで重視されているのが、内部対策の中でもコンテンツマーケティングと呼...(2016/10/17 提供:株式会社EXIDEA)

レポート
“売れる”ECサイトは何が違う? リターゲティング広告を成功させる5つのヒント
 1人のユーザーがデスクトップPCやスマートフォン、タブレットなどの複数端末を使いこなすクロスデバイス時代となり、ECサイトの業務負荷は膨らむ一方だ。そのマーケティングでも端末間の「隙間」が生じ、見込み客を取りこぼすリスクが増加している。 このような状況で...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

レポート
Webシステムを外注する前に読みたい「最低限知っておくべき8つの手順」
 自社のWebサイトを制作する際、検索システムやアンケートシステム、予約システムといったさまざまなWebシステムを構築するには、開発会社の専門知識を利用することが効果的だ。 しかし、発注者としてただ開発会社に依頼するだけでは、思うようなWebサイト構築は難しい...(2016/10/13 提供:発注ナビ株式会社)

事例
目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?
 任天堂は、近年、従来のゲーム機に加えて、スマートデバイス対応アプリケーションの開発にも力を入れている。2016年3月には「My Nintendo」という新サービスを開始し、同社のスマートデバイス向けアプリの第1弾となる「Miitomo(ミートモ)」もリリースした。 これまで...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
生活者の行動パターンに注目、「リアル行動ターゲティング」で広告配信が変わる
 Webページの閲覧、検索、クリック、購買などのWeb行動データを基にした広告配信は、製品やサービスへのニーズを持つユーザーを的確に捉えたマーケティングを可能にする。しかし、能動的な情報収集の履歴から見えるのは、ある程度ニーズが顕在化したユーザー層であり、そ...(2016/9/5 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

事例
「Notesの継続利用が最善」、成田国際空港が5分の1のコストで社内ポータル刷新
 日本の玄関である成田国際空港は、2020年の東京オリンピックに向けた改革の一環として社内システムを刷新した。Microsoft SharePointとIBM Notesでバラバラに構築されていたシステムに対して「使いにくい」という声が多数寄せられるようになったからだ。 旧システムで...(2016/8/30 提供:株式会社大塚商会)

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
 デジタルマーケティングでは、ユーザーの興味や好みに合わせた“おすすめ”商品などの情報をデジタル広告やダイレクトメールで提案する形で行う。そこで、絶対に欠かせない基本情報となるのがユーザーの行動データだ。 従来は、このデータの収集は、ユーザーが入力した...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

製品資料
モバイル広告に通信キャリアのデータを活用、来店率が大幅に向上する理由とは?
 Web上の検索・閲覧履歴からユーザーの興味関心や属性を類推し、ターゲットを絞った広告配信を行う手法が広く利用されるようになった。しかし、Web上の行動は日常生活のごく一部にすぎず、そのターゲティング精度は決して高いとはいえない。 そこで、通信キャリアから得...(2016/8/29 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
徹底解説:6000万件のデータを1秒で検索処理する超高速DBの仕組み
 近年、データ分析にはますますリアルタイム性が求められるようになっている。そのため、最新技術を投入してデータ分析基盤の高速化を図る企業が増えているが、データの量や参照頻度の増加がそれを上回るペースで進み、課題解決に至らないケースが見られる。 この課題を...(2016/8/23 提供:富士通株式会社)

事例
半導体企業はデータ活用でもっと強くなれる!! 〜戦略コンサルの論考をヒントに〜
 普段、仕事に役立てている(社外の)情報源は、どのようなものがあるでしょうか? ニュースや解説記事、専門家のブログに加え、Google検索や書店、セミナーなど、実にいろいろな情報源があると思います。また、設計開発や製品企画などの業務を確実に遂行するためには...(2016/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
約8割の中小企業が失敗する検索広告――成功につなげるための「5つの鉄則」とは?
 情報を探しているユーザーに直接アプローチするリスティング広告(検索広告)は、購買行動に結び付けやすいため、大企業を中心に多く企業が活用している。しかし、地域密着型の中小企業がリスティング広告で成果を挙げるのは極めて難しいとされている。 その代表的な理...(2016/7/11 提供:ReachLocal Japan Services合同会社)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かった。しかし、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用す...(2016/7/7 提供:株式会社Donuts)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
電話問い合わせを計測できている? 広告効果の可視化が中小企業を強くする
 売り上げの何%という形で広告費を投入している企業は多いが、その割合に具体的な根拠があるケースはほとんどない。「他社もそれくらいだから」という決め方になる理由は、そもそも広告の費用対効果が明確になっていないからだ。 しかし、インターネット広告では既にこ...(2016/6/29 提供:ReachLocal Japan Services合同会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
はてな経理部長が語る、マザーズ上場を支えた財務会計システムの「これが助かった」
 はてなは、人力検索サービスの提供を開始してから15年後となる2016年2月に東京証券取引所マザーズに上場を果たした。同社ではIPOを視野に入れ始めた2012年ごろから新財務会計システムの検討に入り、翌年6月にシステムを本格稼働した。 旧システムは、2008年ごろにリリ...(2016/5/23 提供:株式会社ミロク情報サービス)

Loading