クラウド値上げの“真犯人”はまさかの「生成AI」だった?クラウドコストがなぜ上昇?【後編】

クラウドサービスの価格上昇の背景にあるのは、単なる物価の上昇だけではない。クラウドサービスベンダーがこぞって導入した生成AIのコストが無視できないためだ。

2023年12月21日 05時00分 公開
[John MooreTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | クラウドサービス | Gartner


 クラウドサービスの値上げが2023年夏ごろから起きている。業界関係者によれば値上げの要因は2つある。1つ目は人件費の高騰だ。2つ目は、クラウドサービスにテキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)を導入したことで、値上げが避けられなくなったことだ。

 調査会社Gartnerのバイスプレジデントアナリストであるシド・ナグ氏によれば、生成AIの運用にはコストがかかるため、このような価格上昇は予測されていたという。なぜ生成AIにはコストがかかるのか。

ChatGPTは検索の何倍のコストが必要?

 ナグ氏によると、OpenAIが開発したチャットbot型AIサービス「ChatGPT」のような、生成AIアプリケーションとの対話は、標準的なキーワード検索と比べて約10倍のコストがかかるという推定がある。

 生成AIによるチャットbotは、ユーザーからの質問を理解するための自然言語処理による解析や、シーケンス変換(データを別の形式に変換すること)などの処理を必要とする。これには一定の性能が確保されたサーバが必要になるため、その調達必要が必要になる。電力もキーワード検索より消費する。

 加えて、サーバの冷却が必要になり、これにもコストがかかる。クラウドベンダーが大規模なDPU(データ処理装置)やGPU(グラフィックス処理装置)のクラスタで構成されたデータセンターを冷却する場合、エネルギーが必要となる。「こうした技術の運用にかかるコストがエンドユーザーのコストに転嫁されるのは、避けられない」とナグ氏は語る。

 生成AIを企業向けにカスタマイズする際、クラウドベンダーはプライバシー、権限、持続可能性、倫理、法律などのさまざまな要件を満たさなくてはならない。「その結果、運用コストも上昇してしまう」とナグ氏は説明する。

 SaaS管理ツールベンダーZyloのCEOであるエリック・クリストファー氏は「値上げはSaaSベンダーの間で広がりつつある」と語る。企業のIT部門は、非常に慎重に予算を検討する必要がある。クリストファー氏によれば、一部の企業の最高情報責任者(CIO)は、現在のITシステムの状況を精査し、適宜統合して、コストを節約する方法を模索している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業の

IT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...