2013年04月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ドラフト候補生の各種データとスカウト基準を照合NFL 49ersが実践、有望選手のスカウトにビッグデータ活用の波

いよいよ開催される「NFLドラフト2013」。アメリカンフットボールの名門チームであるサンフランシスコ49ersはデータ分析のクラウドサービスを導入し、将来有望なアスリートの評価を行ってきた。

[Todd Morrison,TechTarget]

 2013年4月26日(日本時間)から3日間にわたり行われる「NFLドラフト2013」。ドラフト指名を受けるのは、主に大学4年生だ。「毎年、1万2000人の大学生がドラフトの対象になる。その人数のデータを分析することは、決して簡単な仕事ではない」と語るのは、SAP Labsのスポーツ製品管理担当副社長、リシ・ドワン氏である。

 5回のスーパーボウル優勝など、NFLに輝かしい歴史を残すサンフランシスコ49ersは新しいクラウドベースのSAP分析アプリケーションを活用し、スカウトが将来有望なアスリートたちの評価を行っている。このアプリケーションは、SAPとサンフランシスコ49ersが共同開発した、SAP HANAインメモリデータベース上で動作する「SAP Scouting」である。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...