2013年01月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート「ビッグデータで価値創出」は2.3%、課題は人材不足

企業はビッグデータをどれだけ活用できているのか。データ分析のインフラを構築する上で、企業が抱えている課題とは何か。TechTargetジャパンの読者に聞いた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2012年11月26日から12月18日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、ストレージデータウェアハウス(DWH)といったビッグデータ活用を支えるインフラ(ビッグデータインフラ)に関するアンケート調査を実施した。本稿は、アンケート調査から明らかになったビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業における、ビッグデータ関連のハードウェア、ミドルウェアの導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2012年11月26日〜12月18日

総回答数:176件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


ソーシャルデータの活用は道半ばも今後に期待

 企業は、どういったデータを業務活動に生かしているのだろうか。活用しているデータの種類について聞いたところ、「基幹システムのログデータ」が48.9%でトップとなった(図1)。その他、「顧客や見込み客の個人情報データ」(46.6%)、「コールセンターのログデータ」(17.6%)といったマーケティングに生かせるデータの活用意欲も高いことが分かる。

 一方、「Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアのデータ」については7.4%、センサー情報を業務に生かすM2M(Machine to Machine)での活用が見込まれる「RFIDなどのセンサーデータ」は5.1%と、現時点では活用する企業は少数である。基幹システムのデータなど、手元にあるデータをいかに生かすかに注力する企業が多いのが現状だ。

図 図1:活用しているデータの種類

 今後の活用を検討しているデータについては、1位と2位は逆転したものの、「顧客や見込み客の個人情報データ」(39.8%)、「基幹システムのログデータ」(34.7%)が引き続き多くの関心を集めている(図2)。一方、「Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアのデータ」は、19.3%と比較的多数が今後の活用を検討していると回答。テキストマイニング製品を中心にソーシャルメディア解析を支援する製品が充実しつつあり、今後は活用が広がる可能性がある。

図 図2:今後活用したいデータの種類

40.9%が人材不足を課題視、システム整備にも遅れ

 データの活用に不可欠なデータ分析インフラ。企業はデータ分析インフラの構築を進める上で、どういった課題を感じているのだろうか。

 調査結果からは、「大量データを扱うことができる技術者がいない」(40.9%)と、人材不足を嘆く声が多いことが分かる(図3)。企業におけるデータ分析人材のニーズは高いものの、一朝一夕に育成や獲得ができるわけではない(参考:ビッグデータ活用の成功を左右するのは「人」──米調査会社)。

 また、「データ/システム連係ができていない」(39.2%)、「リアルタイムにデータを扱えない」(31.3%)といった声も多く、システムやデータ整備の遅れも大きな課題となっていることが分かる。

図 図3:データ分析インフラの課題《クリックで拡大》

 人材不足やシステム整備の遅れは、ビッグデータ活用の状況にも影響を及ぼす(図4)。「データを分析し、分析結果から新たな価値を生みだしている」と回答したのは2.3%にとどまる。多くの企業は、「データはあるが、まだ分析のための整備や蓄積ができていない」(42.0%)のが現状だ。また、「活用するようなビッグデータが存在しない」との回答も37.5%と比較的多い。

図 図4:ビッグデータ活用の状況

 この他、導入済みや今後導入を検討するデータ分析インフラ関連の製品/サービス、データ分析インフラの導入形態に関する調査も実施した。詳細な調査結果は、以下からダウンロードできる(TechTargetジャパン会員限定)。本稿では紹介しきれなかったアンケート結果を紹介している。ぜひ参照されたい。

TechTargetジャパン会員を対象にした「ビッグデータインフラに関するアンケート調査」を実施。本リポートでは、ビッグデータ活用の実態や課題、データ活用関連製品の導入状況などをまとめている。

調査結果リポートのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...