2013年10月04日 18時30分 UPDATE
特集/連載

“ウェアラブル革命”は本当かスマートウオッチ速攻比較、ソニー「SmartWatch 2」vs. Samsung「GALAXY Gear」の意外な結果

米Appleの参入もうわさされるスマートウオッチに、Samsungとソニーが製品を投入した。両製品の機能やディスプレー、接続性能などを早速比較する。スマートウオッチの可能性とは?

[Dragan Petric,TechTarget]

 2013年9月中旬にドイツ・ベルリンで開催された欧州家電見本市「IFA 2013」は、端末市場で全く新しいカテゴリーの製品が開発の実験段階を超えて販売段階に入ったことで記憶されるだろう。その製品とはスマートウオッチ。無線接続されたスマートフォンのセカンドスクリーンとして機能する腕時計型端末だ。

ソニーの「SmartWatch 2」 ソニーの「SmartWatch 2」

 ただし、スマートウオッチ、あるいは少なくとも、ソニーとSamsung Electronicsがそれぞれ開発した最新の2製品は、確実に消費者に受け入れられるだけの成熟度にはまだ達していない。

 これらのスマートウオッチは普通の腕時計と比べてはるかに大きく、風変わりで、お粗末なインダストリアルデザインだ。バッテリー寿命はもっと問題がある。両製品とも数日間しか持たないからだ。さらに、スマートウオッチはディスプレーの解像度が低く、チップセットが比較的遅いという点で、エントリーレベルのスマートフォンにも見劣りする。

 しかし、IFA 2013が何かを証明したとすれば、それは、この種のガジェットには関心が寄せられており、新し物好きはこうした端末の展示コーナーに行列を作り、購入を検討するだろうということだ。たとえ実用性に問題があるとしても、である。

 同見本市では幾つかのスマートウオッチを試す機会があったが、会場で最も注目を集めていたのは、Samsungの「GALAXY Gear」とソニーの「SmartWatch 2」だった。

ディスプレー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...