2016年12月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは

第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。

[Shaun Sutner,TechTarget]

関連キーワード

PACS | CIO | 医療IT


イメージ

 エリオット・シーゲル氏のような放射線科医にとって「RSNA 2016」は是が非でも参加すべきイベントであったようだ。医療機器や家電を手掛けるオランダの巨大企業Philipsが主催したイベントで、エリオット・シーゲル氏は人工知能(AI)と機械学習を医用画像分野に応用するメリットを強調していた。

 VA Maryland Health Care Systemの医用画像責任者で、メリーランド大学医学部で医用画像情報学副理事長を務めるシーゲル氏は、RSNA 2016において放射線医学における精密医療および機械学習の教育パネルディスカッションにも参加していた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...