2016年12月14日 15時00分 UPDATE
特集/連載

北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは

第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。

[Shaun Sutner,TechTarget]

関連キーワード

PACS | CIO | 医療IT


イメージ

 エリオット・シーゲル氏のような放射線科医にとって「RSNA 2016」は是が非でも参加すべきイベントであったようだ。医療機器や家電を手掛けるオランダの巨大企業Philipsが主催したイベントで、エリオット・シーゲル氏は人工知能(AI)と機械学習を医用画像分野に応用するメリットを強調していた。

 VA Maryland Health Care Systemの医用画像責任者で、メリーランド大学医学部で医用画像情報学副理事長を務めるシーゲル氏は、RSNA 2016において放射線医学における精密医療および機械学習の教育パネルディスカッションにも参加していた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...