2017年02月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Microsoft Teams」の弱点をどう攻める「Slack」が大企業向けプランを発表、今後必要なのは“対Microsoft戦略”

Slackは大企業向けプラン「Slack Enterprise Grid」を発表した。ただし同社が大企業との契約を獲得するには、Microsoftとの差別化が必要になる。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
「Slack Enterprise Grid」のWebページ《クリックで拡大》

 Slack Technologiesは大企業が必要とする機能を多数備えたチームコラボレーションツールを発表し、エンタープライズ市場への参入を果たした。ただしスタートアップ企業であるSlackが、投資家による40億ドルという企業評価額を正当化できるほど十分な売上高を上げるためには、IT購買担当者に競合大手Microsoftよりも自社の製品を選んでもらう必要がある。

 Slack Technologiesが2017年1月に発表した「Slack Enterprise Grid」は、同社のチームコラボレーションツール「Slack」の大企業向けプランだ。従来のSlackとは異なりSlack Enterprise Gridは、法規制やコンプライアンスへの準拠、セキュリティ、ビジネスアプリケーションとの連係など、企業の優先事項をサポートする各種の機能を提供する。価格は発表されていない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

雑誌広告はどのくらい見られているのか?――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチは、日本雑誌協会と日本雑誌広告協会に協力し、2018年2〜4月の「雑誌広告...

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...