2017年02月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー企業は「価格重視」志向調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目

今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。

[James Alan Miller,TechTarget]
膨大なデータを喪失したときのダメージは計り知れない。その救いの手となるのがバックアップストレージだ

 バックアップストレージとしてのディスクアプライアンスが売り上げを伸ばしている。また、昨今ではバックアップストレージにクラウドサービスを採用する企業も増えている。事実、IDCが実施した最新の調査結果によると、2016年第2四半期、バックアップ専用アプライアンス市場は8億7100万ドルに成長し、前年比11.5%の成長を記録した(IDCの定義では、バックアップ専用アプライアンスとは「バックアップ先として使用するスタンドアロンのHDDベースのアプライアンス」となっている)。この市場は、2016年第2四半期に大いなる好ましい変化を経るとともに確固たる収益成長を遂げている。

 バックアップアプライアンス市場がこのように継続的な成長を遂げている一因は、バックアップベンダーが顧客を獲得するために実施している「(価格の)割引」にあると考えられる。回答者の12%が、バックアップアプライアンスの購入時に25〜49%の割引を受けたと答えている。また、それより低いものの何らかの全体割引を受けたと答えた回答者は3分の1に上っている。そのことを踏まえると、バックアップ製品購入時の主な決め手が「価格設定」(57%)であっても不思議はない。なお、その後に続いているのは「実装しやすさ」(47%)、「機能セット」(46%)、「メーカーの評判」(41%)だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指...

news068.jpg

LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発
日本経済社とジーニーは、ジーニーのMAツール「MAJIN」とLINEを連携させた新たなMAツール...

news012.jpg

データを価値に変える方法とは? ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に話を聞く
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案す...