2017年03月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

代表的な製品も紹介「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較

デスクトップを仮想化する方法を選ぶのは難しい判断だ。最良の選択をするには、効率とユーザーの操作性を考慮することが重要になる。「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較する。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]

 Netflixのサービスでユーザーが番組を視聴する方法はさまざまだ。全シーズンを一気に視聴する人もいれば、1エピソードずつ視聴する人もいる。企業リソースをユーザーに配信する方法を選択するのも、これと似ている。

 仮想デスクトップと仮想アプリケーションの多様な実装方法から、企業は自社に最適なものを選択することができる。企業は仮想デスクトップの導入を実装したり、個別の仮想アプリケーションを配信したり、両者のハイブリッドを開発することも可能だ。正しい選択をするには、企業が仮想化によって何を達成しようとしているかをIT担当者が正確に理解していることが重要になる。

仮想デスクトップを選ぶ道

 デスクトップの仮想化とは、リモートまたはローカルクライアントに導入されるOSを適用することを示す。IT担当者がベースとなるインフラを管理し、ユーザーは各自のデバイスからOSにアクセスする。VDI(仮想デスクトップインフラ)やMicrosoftの「リモートデスクトップサービス」などのホストベースの仮想デスクトップではリモートディスプレイプロトコル接続が必要で、シンクライアント、スマートフォンおよびタブレットで使用できる。

 一方のクライアントベースのデスクトップ仮想化は、ローカルのハードウェアで実行される。この種のデスクトップ仮想化ではOSのストリーミングを使用し、ネットワーク経由で実行されるリモートディスクイメージのOSにアクセスすることになる。なお仮想デスクトップの実行に常時ネットワーク接続は不要だ。

デスクトップ仮想化を選ぶ理由

 今もMicrosoftの「Windows」を搭載したクライアントPCに頼っている企業では、従業員が全てのアプリケーションへのアクセスを必要とするため、VDIのようなデスクトップ仮想化を利用するのが理にかなっている。完全なPCが使用できることで、ユーザーは物理PCから仮想デスクトップに切り替えたときにアプリケーションを同じように操作できる。また、より安定したアプリケーション仮想化の代替手段を提供することも可能だ。

 アプリケーション仮想化では、特定のアプリケーションについてのみ個人に特化した操作性を提供するのに対して、デスクトップ仮想化では完全なPCの操作性が提供される。仮想デスクトップは、従業員が複数のデバイスを使用できるようにする必要がある企業とも相性が良い。大手VDIベンダーは、利用可能な各種エンドポイントに対応したクライアントコンポーネントを提供している。

2番目の選択肢となるアプリケーション仮想化

 従業員からの需要が高まっているのが、ビジネスアプリケーションへのリモートアクセスだ。デスクトップ全体を仮想化する代わりに、企業は個々のアプリケーションを仮想化することもできる。アプリケーション仮想化は、リモート方式またはストリーミング方式で実行可能である。リモートアプリケーションはサーバ上で稼働し、リモートディスプレイプロトコル経由でクライアントに接続される。アプリケーションをストリーミングすると、起動時に必要になるのはアプリの特定部分だけなので、残りの部分は必要に応じてダウンロードすれば良い。そのため、エンドユーザーは必要なときにすぐアプリケーションをダウンロードしてアクセスすることができる。

 アプリケーションの配信には、Citrixの「Citrix XenApp」、Microsoftの「App-V」、VMwareの「ThinApp」や「App Volumes」などが利用可能だ。ThinAppはレガシアプリケーションを新しいOSと高いセキュリティを備えたデスクトップに移行するときに役立つ。App Volumesは仮想ディスクファイルを使用してIT担当者が特定のグループのユーザーに配信できる区画にアプリを配置する。そのためIT担当者は、アプリを瞬時に削除、更新またはインストールすることができる。

 Citrixは、同社のHDXプロトコルを使用して、Microsoftの「リモートデスクトップ(RD)セッションホスト」経由でXenAppを配信している。RDセッションホストでは、ユーザーは任意のデバイスでデスクトップとアプリケーションにアクセスできる。またCitrixは、仮想HDDや仮想マシンのディスクファイルを使用してアプリケーションをグループ化するアプリケーションレイヤー化ツールの「AppDisk」も提供している。グループはゴールデンイメージ(仮想デスクトップのテンプレート)と関連付けられていないため、IT担当者はユーザーや部門ごとにアプリグループを作成することになる。

 MicrosoftのApp-Vは、エージェントベースのインストールアプローチを使用して、各アプリケーションを分離して仮想化し、これらのアプリケーション内でのユーザーアクセスを管理するためにアクセス許可を追加している。App-Vはアプリケーションの導入についてさらに細かく制御したいと考えるIT担当者に適切な選択肢だ。なおApp-Vは、Microsoftの「Windows 10 Enterprise」の一部として利用できるようになっている。

アプリケーション仮想化を選ぶ理由

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...