2017年04月04日 15時00分 公開
特集/連載

HCIベンダー囲い込みによる影響「ハイパーコンバージド導入で技術革新に対応できない?」にどう答えるか

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、問題が起きた際にベンダー1社にだけ責任を問うことができるという便利さがある。だが新技術が登場してもベンダーが対応するまで利用できない不便さもある。

[Alastair Cooke,TechTarget]

関連キーワード

x86 | ハイパーバイザー | 垂直統合


 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、データセンターの簡素化には有効だが、コストがかさむことが多い。その原因はHCIベンダーの囲い込みにある。

 HCIを採用するとしても、全てをベンダー1社に任せることが必須条件ではない。だが最大限の簡素化と最高の価値を引き出すには、HCIベンダーを決め、同社が提供する製品を細かく調整して実装する場合が多い。HCIを評価する場合、その一環として、最終候補に残るHCIベンダーと製品が技術革新に容易に対応できるかどうかを検討すべきだ。

 HCI主要ベンダーの多くは、ハイパーバイザーホストとストレージを自社のアプライアンスに置き換えることを求める。このアプローチに従っておけば、ベンダーが新たな技術革新を公開するたびにそれを利用できる。だがそのベンダーが新たな技術に対応するまで待つ必要も生まれる。つまり、ハイパーバイザーの新たなリリースがビジネスにとって重要であっても、自社のHCIベンダーがそれをサポートするまで何カ月も待つ可能性がある。

 これと対照的なのが、ソフトウェアのみを使ってHCIを実現するベンダーだ。こうしたベンダーの製品は、既存のITインフラの上に階層化される。新しい技術が登場しても、HCIソフトウェアが使用するハイパーバイザーとOSで機能する技術であれば、理論的には使用可能だ。

サーバ&ストレージ ナビ

ハイパーコンバージドインフラ


HCIベンダー囲い込みによる影響

 最近のハイパースケールコンピューティングは、GPUとFPGA(Field-Programmable Gate Array)を使って、x86サーバの複雑な問題を解決するのが1つの傾向だ。だが、このアプローチはHCIには向かない。HCIは、コンピューティングタスクの実行にはx86プロセッサが最適だという前提に基づいている。

 グラフィックスアクセラレーションにGPU関連の機能を用意するHCIベンダーも少数だが存在する。こうしたベンダーは、他のコンピューティングアーキテクチャも重要であることを認めているようだ。だが、大半のHCIベンダーはFPGAのアクセラレーターサポートは追加しないだろう(FPGAが最初に注目されたのは、アクセラレーター付きネットワークカードとしてだ。HCIノードのPCI Expressスロットが空いていれば、ハイパーバイザーでこうしたネットワークカードを利用できるはずだ)。

 もう1つ利用が求められるストレージネットワーク機能が「NVMe over Fabrics」だ。NVMe over Fabricsは、より新しい共有ストレージをサポートする。これはHCIの考え方に反する技術だ。HCIでは、ファブリック(ネットワーク)全体の共有ストレージアレイという考え方ではなく、ノード内部のストレージを使用する。NVMe over Fabricsを、ノード間を高速に接続する方法としてHCIプラットフォーム内部で使用することは可能だ。だがHCIでは使用が控えられるストレージのイノベーションはこれだけではない。現在普及し始めているストレージクラスメモリ(SCM)もその1つだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...