2017年06月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Gartnerが公表消えゆくデータセンター、「ITトレンド10選」が示す“明と暗”

コンテナやIoT(モノのインターネット)、エッジコンピューティングなどは、今後も大きな存在感を示すトレンドだ。これらの技術がITプロフェッショナルの役割やスキルセットを導いていくだろう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 ITプロフェッショナルに課せられている要求は厳しい。将来の変化に備えて新しい技術を評価する一方で、既存のアプリケーションの運用を維持しなければならないのだ。

 2017年5月初旬に米国フロリダ州オーランドで開催されたGartner主催の「IT Operations Strategies and Solutions Summit」において、Gartnerのアナリストであるデイビッド・J・カプッチョ氏は、2017年に最も重要な10のITトレンドを紹介した。これらのトレンドは必ずしも新しいものではないが、IT部門とデータセンターに与える影響は次第に大きくなっている。

消えゆくデータセンター

 企業がより効率的で費用対効果に優れた代替手法を用いてビジネスワークロードを運用するのに伴い、従来のオンプレミス型データセンターの影が薄くなってきた。カプッチョ氏によると、今日、ビジネスワークロードの約80%がオンプレミスで動作しており、残りの20%はクラウド上あるいは委託先の施設で動作しているという。2021年までにローカルワークロードは約20〜25%に減少し、大半のワークロードはクラウドをはじめとするオフプレミス(社外)施設上で動作するようになる見込みだ。

データセンターの相互接続が進む

 今日のデータセンター技術の大きな特徴がコネクティビティ(接続性)だ。しかし、クラウドなどのオフプレミス施設の成長は、高速・長距離接続を可能にするファイバーリンクを利用した緊密な接続性を実現するだろう。将来の相互接続はデータセンターおよび各種リソースの融合を促進し、データセンターがピアツーピアネットワークのような形に進化する。その結果、パブリッククラウドやSaaS(Software as a Service)プロバイダーの接続性とレジリエンス(障害復元性)は、オンプレミスのプライベートコンピューティングおよびストレージリソースに匹敵し、より広大な規模で柔軟性と俊敏性を提供するようになる。

コンテナがアプリケーションを変える

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...