2015年07月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

データセンター担当者なら押さえておきたい2016年以降も影響を持ち続ける“決定的なITトレンド” 10選 (1/2)

長期にわたってデータセンターに影響を与える真のトレンドは、テクノロジーに過剰な期待が集まった後に生まれるものだ。2016年以降も間違いなく影響力を持ち続ける10個のトレンドを紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
photo 年々低価格化、大容量化が進むSSD(TechTargetジャパン記事「世界初2TバイトのSSDが登場、アナリストの評価は?」より)

 データセンターのテクノロジーは、驚異的な速さで生まれ、進化し続けている。仮想化のような新しい概念がわずか数年でインフラに不可欠な存在になったことや、高性能なストレージキャッシュと仮想SAN(Storage Area Network)導入でSSD(ソリッドステートドライブ)が果たす役割が拡大している状況を考えると分かるだろう。

 IT担当者は、新しい動きに目を光らせ、新たに生まれた製品やイニシアチブがデータセンターとビジネスに及ぼす影響について検討しなければならない。米Gartnerが2015年6月15〜17日に開催した「IT Operations Strategies and Solutions Summit 2015」で、アナリストのデイビッド・J・カプッチョ氏は、2016年以降もデータセンターに影響を与えるであろう10個のITに関するトレンドを取り上げた。

1.右肩上がりの需要

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...