2017年06月27日 05時00分 UPDATE
特集/連載

ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ【前編】徹底解説:オブジェクトストレージが複雑なファイル構造をシンプルにできる理由

オブジェクトストレージアーキテクチャは大量の非構造化データを保存するのに理想的なファイル構造を提供する。この記事では2回に分けてオブジェクトストレージの特徴とメリットを解説する。

[Scott Lowe,TechTarget]
階層構造で管理する従来のファイルシステムは規模拡大に伴い複雑になりがちだ。オブジェクトストレージは“フラットな関係”でシンプルな管理を可能にする

 データは加速度的に増え続けている。そのような状況から、企業では以前にも増して、より多くのストレージ容量を迅速かつ定期的に必要としているのが実情だ。

 こうした傾向が2つの難題を生み出している。1つは、稼働状態を維持したままストレージ容量を増やすのが困難な場合があること。もう1つは、従来型のストレージシステムでは、一定レベルを超えると多くの場合でストレージの拡張が困難になることだ。オブジェクトストレージアーキテクチャでは、この2つの問題に対処できる。

 ストレージの追加では、拡張作業中にプライマリーストレージを取り外さなければならないことが多く、それが稼働しているシステムを停止する原因になる。また大抵の場合、ストレージを追加すると、システムを支える他のリソースに負荷が掛かる。例えばCPUやネットワークなどだ。こうしたリソースを利用することで、ストレージは許容できるパフォーマンスを維持している。

 従来型のストレージには、可用性に影響を及ぼす恐れのある制約が他にも内在している。最も重要なのはデータをバックアップする必要があることだろう。ストレージが停止した場合には、ストレージを復旧する手段が必要になる。

 しかし、このように問題発生後のデータ保護を用意する必要がある場合、データセットが大規模になるにつれて、そのニーズへの対応は途方もなく複雑になり、コストも高額になる恐れがある。データセットが増えると、バックアップウィンドウ中に無理なく対応できる量よりも取得されるデータの方が多くなる。データ保護に対処するには、リアルタイム性の高いアプローチが必要になる。そこで役に立つのがオブジェクトストレージテクノロジーだ。

オブジェクトストレージの基礎

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...