2017年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

多彩なツールを提供「Windows 10」移行で使える「Windows ADK」って、どんなツール?

Windows 10を導入する前に全てがうまく機能するかどうか確認することは、IT管理者にとって重要だ。Windows ADKはそのために、そしてそれ以上の目的でも利用できる。

[Ed Tittel,TechTarget]
Windows 10 「Windows 10」の製品紹介ページ《クリックで拡大》

 「Windows Assessment and Deployment Kit(ADK)」は、Windowsシステムとコンポーネントをユーザーに配布する前に検証したいIT管理者にとって頼りになるリソースだ。

 Windows ADKは、Windows Vistaが登場したころから存在していて、IT部門による大規模なWindowsの導入を支援するツールで構成されている。ツールの内容は年月を経て幾分変化しているが、現在のラインアップには「Windows System Image Manager」(Windows SIM)、「System Preparation」(Sysprep)、「Windows Preinstallation Environment」(WinPE)、「Deployment Image Servicing and Management」(DISM)といった主力ツールが含まれる。DISMとWinPEはWindowsそのものに含まれる。DISMはコマンドラインで実行され、WinPEはWindows Installerがデフォルトで構築するWindows Recovery Environment(WinRE)の一部を成す。Windows SIMとSysPrepは、ADKにのみ搭載されている。

 中でもベーシックなWindowsランタイム環境を提供するWinPEは、恐らく最も重要なツールといえる。管理者はターゲットとするPCにOSを導入する際、この環境を利用して、Windows OSインストーラなどの主要ソフトウェアコンポーネントをサポートできる。

Windows ADKのバージョン

 Windows ADKの現行3バージョンのうち2種類は、Microsoft Hardware Dev CenterのWindows ADKダウンロードページから入手できる。このうち1つはWindows 10のバージョン1703向け、もう1つはバージョン1607向けとなる。3つ目のバージョンはWindows 10 Insider Preview用に存在する。

 それぞれのダウンロードは、ファイルやアプリケーションに関連したバージョンごとのダウンローダーで構成される。いずれもサイズは1.7MB以下。ディスク上にダウンロードした時のサイズは、3.1GB(Insider Preview版)から4.4GB(ダウンロードオプションを全て選択したCurrent Branch版)まで幅がある。Insider Preview版では、ISOファイルにパッケージされたWindows ADKをダウンロードしてインストールできる。

Windows ADKを構成するツール

 Windows ADKは、同プログラムのインストール時に管理者が選択できる一連のツールで構成される。オプションは以下の通り。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ウォンテッドリーと電通、名刺管理アプリ「Wantedly People」における広告商品の共同開発へ
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、電通と広告商品などの開発におい...

news028.jpg

和洋菓子・デザート類2兆円市場、成長の原動力はインスタ映え――矢野経済研究所調べ
スイーツ市場における成長のポイントはどこにあるのでしょうか。

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。