2017年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

多彩なツールを提供「Windows 10」移行で使える「Windows ADK」って、どんなツール?

Windows 10を導入する前に全てがうまく機能するかどうか確認することは、IT管理者にとって重要だ。Windows ADKはそのために、そしてそれ以上の目的でも利用できる。

[Ed Tittel,TechTarget]
Windows 10 「Windows 10」の製品紹介ページ《クリックで拡大》

 「Windows Assessment and Deployment Kit(ADK)」は、Windowsシステムとコンポーネントをユーザーに配布する前に検証したいIT管理者にとって頼りになるリソースだ。

 Windows ADKは、Windows Vistaが登場したころから存在していて、IT部門による大規模なWindowsの導入を支援するツールで構成されている。ツールの内容は年月を経て幾分変化しているが、現在のラインアップには「Windows System Image Manager」(Windows SIM)、「System Preparation」(Sysprep)、「Windows Preinstallation Environment」(WinPE)、「Deployment Image Servicing and Management」(DISM)といった主力ツールが含まれる。DISMとWinPEはWindowsそのものに含まれる。DISMはコマンドラインで実行され、WinPEはWindows Installerがデフォルトで構築するWindows Recovery Environment(WinRE)の一部を成す。Windows SIMとSysPrepは、ADKにのみ搭載されている。

 中でもベーシックなWindowsランタイム環境を提供するWinPEは、恐らく最も重要なツールといえる。管理者はターゲットとするPCにOSを導入する際、この環境を利用して、Windows OSインストーラなどの主要ソフトウェアコンポーネントをサポートできる。

Windows ADKのバージョン

 Windows ADKの現行3バージョンのうち2種類は、Microsoft Hardware Dev CenterのWindows ADKダウンロードページから入手できる。このうち1つはWindows 10のバージョン1703向け、もう1つはバージョン1607向けとなる。3つ目のバージョンはWindows 10 Insider Preview用に存在する。

 それぞれのダウンロードは、ファイルやアプリケーションに関連したバージョンごとのダウンローダーで構成される。いずれもサイズは1.7MB以下。ディスク上にダウンロードした時のサイズは、3.1GB(Insider Preview版)から4.4GB(ダウンロードオプションを全て選択したCurrent Branch版)まで幅がある。Insider Preview版では、ISOファイルにパッケージされたWindows ADKをダウンロードしてインストールできる。

Windows ADKを構成するツール

 Windows ADKは、同プログラムのインストール時に管理者が選択できる一連のツールで構成される。オプションは以下の通り。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。