2016年05月17日 07時00分 UPDATE
特集/連載

無料アップグレードは無理?サポート切れ「Windows XP」から「Windows 10」へ、手遅れになる前の必須確認リスト

2014年にサポートが切れたものの根強く残っている「Windows XP」。さまざまなリスクを抱えるWindows XPを、最新OS「Windows 10」へアップデートするのは容易ではない。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10の公式Webページ《クリックで拡大》

 MicrosoftのOS「Windows」は絶滅に向かうといううわさを聞いたことがあるかもしれない。主流デスクトップOSであるWindowsはわずか7年前には、エンドポイントの市場シェアの95%を確保していた。その数字が現在では90%に後退したからだ。

 ただしこの数字は誤解を招きかねない。確かに、Windowsの市場シェアは2009年に比べると下がったかもしれないが、その間に、デバイスの台数は20億台から30億台へと急増した。新しく増えた数十億台のエンドポイントの多くは、Windows以外のOSを搭載したモバイル端末だ。Windowsの市場シェアが縮小したのは、同OSが直接対応していない分野で市場が拡大したためだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...