2018年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

成熟度は高いMicrosoft Teamsのモバイルアプリはここが惜しい

Microsoftは、「Microsoft Teams」のモバイルアプリの機能を手早く構築しているが、Skype for Businessと連携させて運用する場合、ユーザーはビジネス向けでは使いにくいと感じているかもしれない。

[Jonathan Dame,TechTarget]
チームコラボレーションツールの理想の形とは《クリックで拡大》

 Microsoft Teamsの会議機能は「Cisco Webex Teams」のモバイルアプリの機能と同等なレベルだが、ユーザーがスマートフォンから会議日程の設定や会議に参加する場合、Ciscoはよりシームレスな体験を提供することが可能だ。それは、Cisco WebEx Teamsと「Cisco WebEx」は同じバックエンドのクラウドインフラストラクチャに依存していることによる。

 ZK Researchの創業者兼主席アナリスト、ゼウス・ケラバラ氏は「Ciscoは長年にわたり重点的にモバイルを中心に展開してきた。Microsoftが同じ成熟度を持つモバイルクライアントを開発するとは期待していない」と語る。とはいえ、最近のMicrosoft Teamsのモバイルアプリへの改善は「良いスタートだ」という。

Microsoftのユーザーは複数のUCモバイルアプリを操作する必要がある

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...